トップページ >  お話データベース >  中部地方 >  岐阜県 >  娘一人に婿二人
No.0475
むすめひとりにむこふたり
娘一人に婿二人

放送回:0298-A  放送日:1981年07月18日(昭和56年07月18日)
演出:青木久利  文芸:沖島勲  美術:水野尾純一  作画:青木久利
岐阜県 ) 9233hit
あらすじ

昔、飛騨の山奥の小さな村に、お園という女の子と喜助と太助の仲良し三人が住んでいた。

三人はいつも地蔵様の近くで仲良く遊んでいたが、長い年月が流れ、三人は良い若者に成長した。だが喜助と太助は、お園のことを巡って憎しみあうようになり、彼女も両親も困ってしまった。

そのうえ、喜助の両親がやって来て「お園を我が家の嫁に」とお願いしているところに、太助の両親がやって来て「お園を我が家の嫁に」とお願いしてきたから、両親同士がお園を巡って喧嘩をしてしまうのだった。

心を痛めたお園は地蔵様の所にやって来て、手を合わせながら苦しい胸の内を吐露した。その時、お園は地蔵様の近くにあった大石を見てあることを思いついた。

一方、喜助の両親と太助の両親の喧嘩は益々激しくなり、お園の両親も困り果てていた。そこへ、お園が帰って来て両親にこう言った。「地蔵様の大石を余計に持ち上げた方の嫁になる」と。

それを聞いた喜助と太助は力をつけるため猛練習に励んだ。勝負の前夜、お園は地蔵様の方角に手を合わせながらこうお願いした。「勝ち負けが決まっても、ふたりが恨みを残さぬよう仲良くやっていけますように」

そして、地蔵様の前で喜助と太助の力くらべの日がやって来た。審判を村長が務め、住民たちが見守る中、ふたりは代わる代わる大石を持ち上げた。どちらも負けたくなかったので勝負はなかなかつかなかった。

だが日が傾きかけたころ、喜助が大石を持ち上げることが出来なくなり、太助が大石を一回多く持ち上げたので軍配は太助に上がった。負けた喜助は悪びれることなく太助と握手し、「お園は太助の嫁じゃ。これからも仲良くしよう」と言った。

勝ち負けに関係なくふたりが仲直りした姿を見お園は、嬉し涙を流すのだった。こうして、お園は太助の嫁になったが、あの時の力くらべの大石は今も地蔵様の近くに座っているそうだ。

(投稿者: Kotono Rena 投稿日時 2013-11-9 19:52) 


ナレーション市原悦子
出典岐阜県
DVD情報DVD-BOX第12集(DVD第57巻)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
講談社の300より書籍によると「岐阜県のお話」
このお話の評価5.0000 5.00 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/11/10 6:59 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 47  件):   <前  1 ..  10  11  12  13  14  15  16  .. 47  次>  
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

38 人のユーザが現在オンラインです。 (29 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)