トップページ >  お話データベース >  中部地方 >  愛知県 >  すっとんころりのおとの様
No.0440
すっとんころりのおとのさま
すっとんころりのおとの様

放送回:0275-A  放送日:1981年02月07日(昭和56年02月07日)
演出:河内日出夫  文芸:沖島勲  美術:福井のり子  作画:河内日出夫
愛知県 ) 7411hit
あらすじ

昔、三河国の西尾というところに殿様が住んでいた。この殿様は人は良いのですが、藩のことなど家来に任せっきりで、村の人々の暮らしなど全く知らなかった。

ある日のこと、殿様は馬に乗って岡崎城に向かっていた時のことだった。坂左右村(さかそうむら)の入口で、何の前ぶれもなく落馬してしまった。その帰り道でも殿様は同じ場所で落馬してしまった。

殿様は気の緩みから落馬したのだろうと思い、気を付けようと思ったのだが、翌年の岡崎城への年賀の挨拶へ行く時も、その帰り道でも殿様がどんなに気を引き締めても、坂左右村の入口でなぜか落馬するのだった。村人たちは落馬した殿様のことを『すっとんころりのお殿様』と言っては、陰で冷笑した。

そのまた翌年の岡崎城への年賀の挨拶に行く時、殿様はいつも落馬する場所を馬で早く駆けようとしたが、またまた落馬してしまった。陰で冷笑していた村人たちも、なぜ殿様は同じ場所で何度も落馬するのか、可笑しさを通り越して不思議に思うのだった。

殿様が岡崎城での年賀の挨拶を終え城を出る頃、雪がたくさん積もっていた。殿様は雪道を慎重に馬を進めていったが、やっぱり同じ所で落馬してしまうのだった。

その時、殿様が落ちたところだけ雪が溶けはじめた。不思議に思った殿様は村人たちを呼んで、そこを掘らせると金色に輝く仏像が出てきた。殿様は仏像の上を通ったから何度も落馬したのだった。この時、殿様は「今まで自分は藩主にも拘わらず、馬で通り過ぎるだけで村人たちの暮らしを顧みないので、仏像が出てきたのだろう」と考えた。

殿様は名主に御堂を建てて仏像を祀るように頼んだ。その後、坂左右村の入口に村人たちの手によって仏像の為の御堂が建てられ、殿様は坂左右村の入口を通る際には、馬から降りて御堂にお参りしてから出かけるようになった。そして村人たちの生活をつぶさに見るようになった。

(投稿者: Kotono Rena 投稿日時 2013-8-17 21:50)


ナレーション市原悦子
出典寺沢正美(未来社刊)より
出典詳細三河の民話(日本の民話65),寺沢正美,未来社,1978年04月10日,原題「すっとんころりのおとの様」,採録地「岡崎市」,採集「鈴木幸二」
場所について三河国の西尾城
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:三河国の西尾城
追加情報
このお話の評価7.0000 7.00 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/8/17 22:37 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 39  件):   <前  1  2  3  4  5  6  7  8  .. 39  次>  
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

51 人のユーザが現在オンラインです。 (38 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)