トップページ >  お話データベース >  中部地方 >  北陸地方 >  福井県 >  はち助いなり
No.0433
はちすけいなり
はち助いなり

放送回:0270-B  放送日:1981年01月03日(昭和56年01月03日)
演出:三善和彦  文芸:久貴千賀子  美術:小関俊之  作画:三善和彦
福井県 ) 8753hit
あらすじ

昔、福井県の小浜の殿様が、おしのびで城内を見回っていると、人足(にんそく)が白狐を袋叩きにしている現場に出くわしました。かわいそうに思った殿様は、お城で介抱し山に帰してあげました。

数か月後のある日の事でした。七日以内に江戸まで届けないといけない書状がありましたが、飛脚が病気でたおれてしまいました。代わりの飛脚も見つからず、すっかり困っていた殿様の前に、はち助という男が名乗りでました。

はち助は無事に七日以内に書状を届け、さらに江戸からの返書を持って帰ってきました。普通の飛脚の倍の速さで往復したはち助は、城のおかかえ飛脚となり、頻繁に江戸と小浜を往復するようになりました。とにかく律儀に働くはち助を、殿様は大変かわいがりました。

しばらくして、はち助は再び江戸に向けて出発しましたが、何日たっても帰ってきませんでした。はち助の身を心配した殿様は、ふと以前に「小田原のむく犬には困っています」と言っていたはち助の言葉を思い出し、大急ぎで小田原へ向かいました。そしてある山の途中で、江戸からの返書が入った箱の上で、箱をかばうように死んでいる白ギツネを発見しました。

実は、はち助はあの時に助けた白ギツネの化身で、城に戻る途中にむく犬におそわれ息絶えたのでした。殿様は、はち助の死を悼み、城の中に立派な社(やしろ)を建て、八助稲荷(八助いなり)として祀りました。

(紅子※国際情報社の絵本より 2011-9-22 22:31)


ナレーション未見のため不明
出典クレジット不明
場所について小浜城内の八助稲荷神社
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:小浜城内の八助稲荷神社
追加情報
本の情報国際情報社BOX絵本パート2-第080巻(発刊日:1980年かも)/講談社テレビ名作えほん第072巻(発刊日:1987年3月)
講談社の300より書籍によると「福井県のお話」
このお話の評価5.5000 5.50 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/9/22 22:31 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 26  件):   <前  1  2  3  4  5  6  7  .. 26  次>  
コメント一覧
3件表示 (全3件)
ゲスト  投稿日時 2017/9/28 18:31
これ私の生家のすぐ近く(徒歩10分圏内)なのですが、こんな話が放送されていたんですね。たしかに小浜城跡の神社の中にお稲荷様あったなあ。
匿名希望  投稿日時 2014/11/27 15:50
秋田には、「与次郎狐」という似たような昔ばなしがあります。
そんでもって、与次郎の石像が秋田市内の中心街に設置されてるんです!
マルコ  投稿日時 2013/6/4 19:12
草枯れて、狐の飛脚、通りけり。 与謝蕪村
枯れた草原を何かがものすごいスピードで横切っていく。あんなに急いでいるなんて、飛脚の狐なのだろうか・・・。

秋田にも狐が飛脚をしたという話があって、江戸時代の随筆「甲子夜話」にそのお話が載っているそうです。
投稿ツリー
3件表示 (全3件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

69 人のユーザが現在オンラインです。 (52 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)