No.0419
いじのもち
意地の餅

放送回:0263-A  放送日:1980年11月15日(昭和55年11月15日)
演出:やすみ哲夫  文芸:沖島勲  美術:あかばんてん  作画:岩崎治彦
大分県 ) 6629hit
あらすじ

村でも評判の、意地っぱりの老夫婦がいた。

田んぼで仕事をしていても「雨が降る降らない」で意地を張り合い、家に帰れば「風呂が沸いた沸いてない」で意地を張り合う。いつも口げんかをしていたが、村人たちはそれを微笑ましく見ていた。

ある年の秋祭りの際、豊年万作の祝い餅が配られた。最後の一つを取り合いとなりどちらも譲らないため、先にしゃべった方が負けで、勝った方が最後の餅を食べるという事にした。

その時、家に泥棒が入り、おもわず「泥棒ー!」とじいさんが叫んでしまった。泥棒はあわてて逃げだしたが、村人たちに取り押さえられてしまった。泥棒は「あんな意地っぱりで、よくあれで夫婦でいられるもんだな」と不思議がったが、村人たちは「あれでこの村では一番の仲良し夫婦なんだ」と言いあった。

結局、最後の餅はばあさんのものとなり、その後も仲良く意地を張り合いながら暮らした。

(紅子 2011-6-21 1:42)


ナレーション常田富士男
出典土屋北彦(未来社刊)より
出典詳細大分の民話 第二集(日本の民話59),土屋北彦,未来社,1976年05月15日,原題「意地の餅」,採録地「大分郡庄内町」,話者「工藤秀夫」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価5.6000 5.60 (投票数 5) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/6/21 1:42 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 27  件):   <前  1 ..  4  5  6  7  8  9  10  .. 27  次>  
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

28 人のユーザが現在オンラインです。 (26 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)