情報の掲載されているページはこちらです。(本文に戻る)byまんが日本昔ばなし〜データベース〜[印刷用画面]

一休さん(いっきゅうさん)

放送回No.0038(0021-A)
放送日1976年02月28日(昭和51年02月28日)
出典(表記なし)
クレジット演出:高橋良輔 文芸:沖島勲 美術:阿部幸次(スタジオユニ) 作画:倉橋達治
ナレーション市原悦子

一休さんが都の将軍様ととんち比べをする話

京のはずれに安国寺というお寺があり、一休という頓知のきく小坊主がいた。寺の和尚は甘いものが大好きでいつも一人でこっそり水飴を舐めており、これは子どもが舐めると毒だと嘘を言っていた。

ある日、和尚さんが出かけたあとに、みんなで水飴を全部舐めてしまう。和尚さんが帰ってくると、一休は、「大切な硯を割ってしまったので死のうと思って毒を食べたがまだ死ねない」と言い、和尚さんを呆れさせた。

またある日、太平という男が寺に碁を打ちにくるのを追い払おうと、いつも太平が毛皮のちゃんちゃんこを身につけていることから、「ケモノの皮をつけた人は寺に入ってはいけない。」と張り紙をする。しかし太平は「寺にある太鼓もケモノの皮ではないか。」と言うと、一休はそれならとバチを持って太平を叩こうと追い回した。

太平はなんとか頓知で仕返ししてやろうと、和尚さんと一休を家に招き、家の前の橋に「このはしわたらないでください。」と立て札をたてるも、一休は橋の真ん中を渡り、太平を感心させた。

やがて一休の頓知は将軍の耳にも届き、お城に呼ばれ、将軍から、屏風の虎が夜になると飛び出して悪さをするから縛って欲しいと言われる。そこで一休は「縛るために絵から虎を追い出して下さい。」と言う。将軍が「絵に描いた虎を追い出せると思うか?」と問うと、「絵に描いた虎を縛れると思うか?」と答え、将軍を感服させた。

その後一休は一休禅師という偉いお坊さんになった。

(稿: 蔵人 本掲載日2012-8-14 14:39 )


参考URL(1):http://www.kagemarukun.fromc.jp/page020.html
地図:安国寺は現在の四条大宮駅北西(中京区錦大宮)にあった

※このページは印刷用の画面です。情報の掲載されているページは、こちらです。(本文に戻る)