情報の掲載されているページはこちらです。(本文に戻る)byまんが日本昔ばなし〜データベース〜[印刷用画面]

隠れ島の婿さま(かくれじまのむこさま)

放送回No.0337(0211-B)
放送日1979年11月17日(昭和54年11月17日)
出典辻田三樹恵(晴文社刊)より
クレジット演出:なべしまよしつぐ 文芸:境のぶひろ 美術:小関俊之 作画:なべしまよしつぐ
ナレーション市原悦子

あらすじ

昔ある浜辺に、少し頭の足りない佐太という若者が両親と一緒に暮らしていました。両親は、同じ年の男の子はもう立派に一人立ちしているというのに、、、と心配していました。

この辺りでは「隠れ島」の言い伝えがあり、海底から泡がポコポコ沸いているところに若い男が近づくと、隠れ島の小姫に取り込まれてしまう、といわれていました。だから、父親はあまり近づかないようにと、佐太に言い聞かせていました。

ある晩、佐太が眠っていると夢の中で泡のはじける音と人の笑い声が聞こえてきました。気になった佐太は、海の泡の出ているところへ船をこぎ出しました。すると、泡から美しい女性の声がはっきり聞こえ、心の中で心地よく響き渡りました。

はっと目が覚めると、どうした事か、佐太は見知らぬ浜辺にいて目の前に美しい小姫が立っていました。二人はすぐに好き合い、踊ったり笑ったりして楽しく一時を過ごしました。それからの佐太は、毎晩々小姫に会うために船で出かけるようになりました。

ある強風が吹く晩、佐太の船が転覆してしまい、佐太は海の中へ沈んでいきました。気が付くと、心配そうな顔をした小姫が必死に佐太の名を呼んでいました。二人はそのまま隠れ島へ旅立ち、それっきり佐太は家には帰ってきませんでした。

両親は、佐太が隠れ島の小姫にとられたとわかると、とても悲しみました。でも、佐太が消えた後、海の泡からなんとも楽しそうな音が聞こえるようになりました。やがて両親や村人たちは、きっと佐太は隠れ島で幸せに暮らしているんだろうと、思うようになりました。

(紅子 2012-5-28 1:03)


※このページは印刷用の画面です。情報の掲載されているページは、こちらです。(本文に戻る)