トップページ >  お話データベース >  ある所 >  にぎりめしと山伏
No.0306
にぎりめしとやまぶし
にぎりめしと山伏

放送回:0191-A  放送日:1979年06月23日(昭和54年06月23日)
演出:こはなわためお  文芸:沖島勲  美術:青木稔  作画:前田実
ある所 ) 6790hit
あらすじ

昔ある村の西のはずれに西の山と呼ばれる山があった。西の山は小鳥のすみかであった。そして西の山の近くの村の子供たちはみんな元気で、毎日あたりを駆け回っておった。ある日、子供たちは「明日西の山へ行ってみよう」と誰からともなく言い出して、次の日に西の山へ行くことになった。

翌日、子供たちはおっかあに握り飯を作ってもらって、西の山へ向かうことになった。出発前に、ごんのおっかあは「西の山には山伏が住むと聞いとる。あんまり山奥まで行くんでねぇぞ」といって子供たちを送り出した。

子供たちは元気に西の山へ向かった。西の山へ着くと天気は良く見晴らしもよく、何ともいえない良い気持ちとなった。そして子供たちは腰にはにぎり飯、手には鳥もち竿を持って、小鳥たちのすみかを目指すことになった。鳥もち竿があっても、小鳥たちを捕まえることはできない。小鳥たちを追いかけるうちに、子供たちはいつの間にか随分と山奥まで入ってしまった。

腹が減った子供たちは山の中では珍しい平らな場所でにぎり飯を食うことにした。そして大きな一枚岩の上にみんなで腰を下ろした。

ところがみんな、腰につけていたにぎり飯がいつのまにかなくなっている。不思議がる子供たちに「ここはお前たちの来るところではねぇ。おれたちの遊び場だ」と、大きな声がした。

見ると山伏が木の枝にぶらさがってこちらを睨みつけている。山伏は「早く帰れ」となおも言うが、ごんは「そうは言っても、おら達は腹が減っている」と震えながら答えた。すると山伏は「それならこれを食え」とにぎり飯を子供たちに差し出した。子供たちが見るとそれは自分たちが持ってきたにぎり飯であった。子供たちはすっかり恐ろしくなり、一目散にその場から逃げ出した。山伏の「おいお前たち、これを食え」という声にも振り返らず、必死に山を駆け下りた。

山のふもとまでついたときには、夕方になっていた。ふと気が付くと子供たちの腰の袋には、にぎり飯が戻っていた。それからも西の山は小鳥たちのすみかだったということである。

(投稿者:カケス 投稿日時 2014/11/6 21:44)

 


ナレーション常田富士男
出典川崎大治(童心社刊)より
出典詳細日本のふしぎ話(川崎大治 民話選3),川崎大治,童心社,1971年3月20日,原題「にぎりめしと山伏」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価6.5000 6.50 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2014/11/7 11:04 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 68  件):   <前  1 ..  18  19  20  21  22  23  24  .. 68  次>  
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

40 人のユーザが現在オンラインです。 (32 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)