トップページ >  お話データベース >  近畿地方 >  京都府 >  六兵衛とクマンバチ
No.0289
ろくべえとくまんばち
六兵衛とクマンバチ

放送回:0180-A  放送日:1979年04月07日(昭和54年04月07日)
演出:落合正宗  文芸:沖島勲  美術:水野尾純一  作画:石井邦幸
京都府 ) 7982hit
あらすじ

昔、京都の伏見に六兵衛という酒造りの名人がいました。六兵衛の作る酒は評判も良く、正直者で人柄の良い男だったので、商売も大繁盛でした。

ある日、酒蔵の前にクマンバチが巣をつくりました。使用人たちは「刺されたら危ないので今のうちにやっつけてしまおう」と言いましたが、六兵衛さんは「こっちから何かしなければ、蜂も刺さないから」と言って、そのままにしておきました。

やがて、クマンバチたちは酒樽から酒を飲むようになりました。使用人たちは、勝手に酒を飲む蜂たちに腹を立てましたが、六兵衛さんは「蜂の飲む量など大したこと無いから」と、蜂たちに好きなだけ酒を飲ませてあげました。

ある夏の事、六兵衛さんたちはいつものように馬に酒樽を載せて、遠くまで配達に出かけました。深い山の中の道にさしかかった時、突然山賊たちに襲われました。六兵衛さんたちは、一人一人バラバラに逃げたので全員無事でしたが、馬と酒樽を全部山賊たちにとられてしまいました。

すると、遠くからクマンバチの大群が押し寄せてきて、山賊の隠れていた洞窟の中へ突撃していきました。蜂たちは、中にいた山賊たちをさんざん追まわし、全身を刺しました。突然蜂の大群に襲われた山賊たちは、馬も酒樽も置いてどこかへ逃げていきました。

クマンバチのおかげで、六兵衛さんは無事、馬も酒も取り戻すことができました。蜂たちは、いつもお世話になっている六兵衛さんに恩返しをしたのです。

(紅子 2013-7-16 1:56)


ナレーション市原悦子
出典花岡大学(鎌倉書房刊)より
出典詳細父母が語る日本の民話(下巻),大川悦生,鎌倉書房,1978年4月20日,原題「六兵衛とクマンバチ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価10.0000 10.00 (投票数 3) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/7/16 1:56 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 34  件):   <前  1 ..  12  13  14  15  16  17  18  .. 34  次>  
コメント一覧
1件表示 (全1件)
ゲスト  投稿日時 2015/12/26 15:48
ヒッチコックの鳥を思い出してしまいました。
実写版だったらさぞ怖い話になるでしょうね。
クマンバチの恩返しでしょか?
または、猿蟹合戦の蜂にも似ていますね。
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

57 人のユーザが現在オンラインです。 (40 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)