No.0258
いずみ

放送回:0161-A  放送日:1978年11月25日(昭和53年11月25日)
演出:漉田實  文芸:漉田實  美術:田中静恵  作画:前田実
山梨県 ) 10423hit
あらすじ

山梨県の信州との国境、八ヶ岳のふもとに猟師の男が住んでいた。

ある日、男は山に猟に出るが、どうしたことか今日に限って山には動物の気配がなく、山は静まり返っていた。しばらくすると、辺りに煙がたちこめてきた。山では山火事が起きており、動物たちは山火事を察知して逃げていたのだ。

男は大急ぎで山を下った。山を下る途中、男は木の枝に一匹の蛇の子どもを見つけた。どうやら蛇の子は、山火事から逃げ遅れて取り残されたようだった。男は不憫に思い、蛇の子を鉄砲の先に乗せて一緒に山を降りることにした。そして安全なところまで来ると、男は蛇の子を野に放してやった。

それからまたしばらく男が歩いていくと、日も暮れてないのに急に辺りが真っ暗になってしまった。道の先に一軒のあばら屋が見えたので、男はここで提灯でも借りようと思い一軒屋の前に立った。中からは老婆が出てきて、男を家の中に招き入れる。老婆が男に言うには、自分は先ほど男が助けた蛇の子の母親で、男に何かお礼がしたいということだった。

男は特に欲しいものも思い当たらず、とりあえずのどが渇いたので、水を一杯と老婆に言った。すると老婆は、男が言った“一杯”をいっぱい、たくさんと聞き間違え、一本の葦(あし)の茎を持ってきた。老婆は葦の茎を男に渡すと、この中の水を地面にたらせば、どこでも好きな場所から水が湧くと言って消えてしまった。

辺りは昼間に戻り、男は自分の村に向かって歩いていった。男は村の入り口まで来たが、用を足したくなったので、葦の茎を木に立てかけた。ところが、そのとき風が吹いて茎は倒れてしまい、中の水がこぼれてしまった。すると、水がこぼれた地面からは勢いよく水が湧き出た。喜んだ男は村の中心に行き、そこで茎の中の水をたらした。しかし、茎の中の水が少なかったので、今度は小さな泉が出来たということだ。

そして、男が先に作った泉が北巨摩郡高根町原長沢の泉で、後に作った泉が同じ字(あざ)の祖師堂の泉だと言われている。

(投稿者: やっさん  投稿日時 2011-8-13 9:37 )


参考URL(1)
http://www.fruits.ne.jp/~mahirunohoshi/youkaiichiran.htm
ナレーション市原悦子
出典土橋治重(角川書店刊)より
出典詳細甲州の伝説(日本の伝説10),土橋治重,角川書店,1976年9年10日,原題「泉」
場所について公民館の周辺か(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:公民館の周辺か(地図は適当)
追加情報
本の情報サラ文庫まんが日本昔ばなし第29巻-第142話(発刊日:1979年4月28日)
サラ文庫の絵本より絵本巻頭の解説には地名の明記はない
このお話の評価8.0000 8.00 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/8/13 21:38 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 30  件):   <前  1  2  3  4  5  6  7  8  .. 30  次>  
コメント一覧
7件表示 (全7件)
匿名希望  投稿日時 2014/12/1 14:23
「水は大切に!」をテーマにした昔ばなしですね!
夏にピッタリの癒し系昔話ってトコかな。
トモメル  投稿日時 2014/9/11 13:33
長沢宿は甲州街道と中仙道を結ぶ佐久往還の甲州最後の宿場で、 現在の北杜市高根町長沢(窪長沢)の国道141号の長沢交差点の辺りに位置し、 若神子宿(須玉町)と信州平沢宿(長野県南牧村)の中間にあった。
江戸時代には、口留番所や問屋(伝馬)が置かれ、長澤宿は栄えていた。
口留番所とは関所のことで、この長沢では参詣人が多く通ったと記録にある。

一方、問屋は、武田時代に人や荷物を運ぶために人馬を宿駅に配置しておく 伝馬制が整備されたというが、江戸時代も伝馬制は引き継がれ、それを取り扱う 場所を問屋(トイヤ、地元では「おとんやさん」)と言った。
輿水家はその問屋であった。
問屋は常に人馬を用意しておき、到着した馬の背の荷を一旦降ろし 新しい馬に乗せかえて送り出すなど、旅客・荷物・通信の運搬伝達の中継所の 役割をしていた。
問屋は物流の重要な役割を担っていたため、幕府から直接資金を借ることが できるほどの特別な地位にあった。

輿水家の歴史は大変古いが、戦国時代、武田信玄に仕え川中島合戦での功を成した 長沢八郎左衛門が「主膳」の名を授かった長沢主膳と関係あると言われている。
主膳は、長篠の戦で討死にしたが、その嫡子長沢佐左衛門は武田勝頼に使え、 新府城落城の折、長沢村に籠り定住したと伝えられる。
その後、姓を輿水に改め、やがて、輿水家は口止め番所と、今回お尋ねした 「おとんや(問屋)」に分かれたと思われる。
江戸時代初期の1645年には問屋治郎左右衛門と名乗っていた記述がある。
輿水家は代々、治郎左右衛門を名乗っていたが、現当主輿水順彦氏は 51代目に当たると言われている。

現存する輿水家の母屋は、当主によると安政から慶応年間(今から140~150年前) に建てられたもので、奥座敷、座敷、中の間、居間、仏間、納戸、裏部屋など 10部屋からなる。この母屋は平屋作りで中央に玄関が設けられているのが特徴で、 その玄関からは、公の人や僧侶、親分など特別の人のみ入ることができた。
明治になってからは農業や養蚕のため土間に馬小屋や屋根裏に蚕室が設けられた。


NPO法人 八ヶ岳南麓景観を考える会
地元の人が語る歴史と暮らし 佐久往還・長澤編 ~ 長澤宿と数百年続く輿水家
2007年7月1日(日) 輿水家 (北杜市高根町長沢)  
輿水順彦 (当主) 澤谷滋子(長坂郷土資料館学芸員)
http://yatsugatake-keikan.net/history/2007/life1.html
昔好き!  投稿日時 2014/8/31 9:18
ふるさと再生昔ばなしでは「葦の泉」として放映されました。
beniko  投稿日時 2013/8/3 22:10 | 最終変更
出典元の民話の本(甲州の伝説)を確認しましたところ、泉のある地名が明記されていました。前の泉が北巨摩郡高根町原長沢の泉で、あとの泉が同じ字の祖師堂の泉、とのことです。
地名が明記されていても、グーグルマップではいまいち場所がわかりませんでした。今現在のマッピング位置で正しいのか、わかる人がいましたら教えてください。
マニアック  投稿日時 2011/11/25 20:33
サブタイトルが、一文字!珍しいなー。タイトルショットも鮮やかに見える。
やっさん  投稿日時 2011/8/14 10:01
どうもこのお話は大泉村や小淵沢などの周辺地域にも類似の話があるようです。

でも、お話の最後に高根町の原長沢と市原さんが言っているので、大泉村の八右衛門出口の泉とは別の泉だと思います。

市町村合併で北巨摩郡が消滅し、原長沢という字もなくなってしまったので、正確な所は分かりません。おそらく地元の人じゃないと分からないでしょう。高根町のどこかでしょう。

ただ、地図を見ると、高根町の長沢に原長沢分館という原長沢の名前がついた公民館があったので、そこの住所を書いておきました。(北杜市高根町長沢2128)

すいません、説明が足りなかったのですが、このURLで高根町のところまでスクロールすると、ずばり”泉”というタイトルで、この話が出てきます。

http://www.fruits.ne.jp/~mahirunohoshi/youkaiichiran.htm
beniko  投稿日時 2011/8/13 21:51
やっさんが教えてくれたURLをもとに検索したら、多分ここかなという場所を見つけました。勝手ながら、その新しく見つけた方をマッピングしましたが、どうでしょうか?
もし、場所違ったら再度教えて下さい。よろしくお願いします。
投稿ツリー
7件表示 (全7件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

35 人のユーザが現在オンラインです。 (26 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)