No.0251
ゆめのこうしん
夢の孝心

放送回:0156-B  放送日:1978年10月21日(昭和53年10月21日)
演出:藤原万秀  文芸:沖島勲  美術:西村邦子  作画:藤原万秀
神奈川県 ) 8357hit
あらすじ

昔、鎌倉のある村に、大きな瓦屋根の家と小さなわらぶき屋根の家が寄り添うように建っていました。二つの家の主人はとても仲良しで、その息子の六助と千吉もやっぱり仲良しでした。

二人の主人が亡くなった頃、わらぶき家に住む千吉が、死後の世界でさまよう父親の姿を夢に見ました。なんでも、六助の親父から借りていた「銭一貫と麦三俵」を返さずに死んだため、閻魔(えんま)様の手下の鬼たちが許してくれず成仏できないでいる、との事でした。

そこで千吉は、一年間働きづめに働いてどうにか六助に借りた物を返す事が出来ました。しかし今度は、六助の親父が夢枕に立ち、「困った時はお互い様、貸したつもりもない物を受け取ってしまうとは、世間さまに顔向けできない」と、六助を叱りつけました。

二人の親孝行な息子たちは、父親の言いつけを守ろうと貸し借りを巡り、最後にはケンカになってしまいました。困った二人は、とうとう鎌倉のお奉行様に裁いてもらう事にしました。お奉行様は、親孝行な二人の話を聞き、銭一貫と麦三俵はいったん奉行所あずかりとし、あらためて二人の息子に返し、それを菩提寺に納めて父親の供養をするように提案しました。

二人の息子たちは、このお裁きに大満足してそれに従いました。この心温まる話を知った村人たちは、いつまでも二人の事を語り伝えたそうです。

(紅子 2011-9-25 18:55)


ナレーション市原悦子
出典神奈川の伝説(角川書店刊)より
出典詳細神奈川の伝説(日本の伝説20),森比左志,角川書店,1977年7年10日,原題「夢の孝心-鎌倉の裁き」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報サラ文庫まんが日本昔ばなし第27巻-第133話(発刊日:1978年12月20日)
サラ文庫の絵本より絵本巻頭の解説には地名の明記はない
このお話の評価8.8000 8.80 (投票数 5) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/9/25 18:55 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 19  件):   <前  1  2  3  4  5  6  7  .. 19  次>  
コメント一覧
3件表示 (全3件)
ゲスト  投稿日時 2016/1/10 12:04
いい話ですね。良い教訓話になっていますね。
借りたものを、返さないと閻魔様の裁きに合うとか・・・。
また 鎌倉の裁きは、大岡裁きに似てるように感じました。
仲善きことは素晴らしきかな です。
ゲスト  投稿日時 2015/11/14 23:48
しかし閻魔の手下の裁きはいかがなものか。
人とは常識が違うのか・・・?
死後そんなんで裁かれるんだとしたらたまらんな。
なおさん  投稿日時 2012/10/27 17:51
いいお話です。こういうお話を忘れたくないです。
投稿ツリー
3件表示 (全3件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

43 人のユーザが現在オンラインです。 (36 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)