情報の掲載されているページはこちらです。(本文に戻る)byまんが日本昔ばなし〜データベース〜[印刷用画面]

吉ばあさんとかげぜん(よしばあさんとかげぜん)

放送回No.0243(0152-A)
放送日1978年09月23日(昭和53年09月23日)
出典京都のむかし話(日本標準刊)より
クレジット演出:小林三男 文芸:沖島勲 美術:横瀬直士 作画:加藤政志
ナレーション常田富士男
備考陰膳(かげぜん)、家族が無事にあるようにと供える食べ物。

あらすじ

昔ある村に、吉(よし)ばあさんというお婆さんがいました。吉ばあさんは、ほそぼそと茶摘みなどの手伝いをして暮らしていました。

一人息子の嘉吉(かきち)は遠い町に働きに出ているので、吉ばあさんは一人暮らしでした。離れて暮らす息子の無事を祈りながら、吉ばあさんは毎日毎日、小さな木の前に陰膳(かげぜん、お供え物)を置きました。

不思議な事に吉婆さんが置いた陰膳は、いつの間にか無くなっているのでした。

ある日の事、吉ばあさんが急に倒れて寝込んでしまいました。それでも息子のために陰膳を置きに山へ入りましたが、とうとう木の前でばったりと倒れてしまいました。

真夜中になりふと目を覚ますと、吉ばあさんはちゃんと自分の家で寝ていて、そばには嘉吉がいました。嘉吉は看病のために三日三晩、家にかよって吉ばあさんを手厚く看病しました。おかげで、吉ばあさんはすっかり元気になりました。

それを知った村人たちは、「なんと親孝行な息子だろう」と感心しましたが、嘉吉は一体どうやって遠い道のりを毎晩通ってこられたのか、不思議に思いました。

ただ、朝早く吉ばあさんの家から一匹のタヌキが出てきて、カサコソと竹やぶの中に入って行くのは誰も知りませんでした。

(紅子 2011-12-21 19:01)


地図:山城エリア(地図は適当、書籍に記載あった簡略地図から想像)

※このページは印刷用の画面です。情報の掲載されているページは、こちらです。(本文に戻る)