トップページ >  お話データベース >  中部地方 >  北陸地方 >  新潟県 >  すりかえた財布
No.0225
すりかえたさいふ
すりかえた財布

放送回:0140-A  放送日:1978年06月24日(昭和53年06月24日)
演出:藤原万秀  文芸:沖島勲  美術:小関俊一  作画:藤原万秀
新潟県 ) 8096hit
あらすじ

昔、佐渡の大崎村に甚兵衛さんという貧乏な炭焼きが、おカカと二人で暮らしていました。

ある年の秋の事、甚兵衛さんが小木(おぎ)の港の問屋まで炭を売りに出かけました。その日は大阪からの船が来ていて、その船頭さんが「山の話をぜひ聞かせてほしい」と甚兵衛さんに頼みました。

二人は問屋の座敷で酒を酌み交わしながら、山の話に花を咲かせました。やがて酔いが回った二人は、枕を並べて眠り込んでしまいました。

しばらくして、船頭さんは船出のために目をさまし、間違って甚兵衛さんの財布をつかんで出ていきました。甚兵衛さんは財布がすり替わった事に気が付かず、船頭さんの財布を持って家に帰りました。

それから2.3日してから、甚兵衛さんのおカカが、財布の中にたくさんの小判が入っていることに気が付きました。ここで甚兵衛さんは、船頭さんの財布とすり替わっている事に気が付きました。

正直者の甚兵衛さんは、小木の問屋さんに説明して、大阪の船頭さんがまたやってきたら知らせてもらうようお願いしました。ところが船はなかなかやってこず、三年目の秋になってようやく船頭さんが小木の港にやってきました。

久しぶりに再会した船頭さんは「この財布のおかげで良い事ばかり起きた。ぜひに自分の財布と取り換えてくれ」と、甚兵衛さんに言いました。

甚兵衛さんは思いがけない話に驚きましたが、自分の粗末な財布とお金がいっぱい入った船頭さんの財布と交換しました。このお金のおかげで、甚兵衛さんは何不自由なく暮らすことができたそうです。

(紅子 2014/4/12 21:00)


ナレーション市原悦子
出典浜口一夫(未来社刊)より
出典詳細佐渡の民話 第一集(日本の民話18),浜口一夫,未来社,1959年04月30日,原題「すりかえた財布」,松田与吉「佐渡の昔のはなし」より
備考出典本によると、佐渡の大崎村が炭焼き夫婦の家があるところ。
場所について小木の港(佐渡)財布が掏り替わった場所
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:小木の港(佐渡)財布が掏り替わった場所
追加情報
このお話の評価7.0000 7.00 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2014/4/12 21:00 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 78  件):   <前  1 ..  15  16  17  18  19  20  21  .. 78  次>  
コメント一覧
1件表示 (全1件)
araya  投稿日時 2011/12/5 21:31
『佐渡の民話』(浜口一夫,未来社)によると、佐渡の大崎村が炭焼き夫婦の家があるところで、小木港が財布が掏り替わった場所になります。どちらも甲乙つけがたいところですので、紅子さんにお任せします(^Д^;。

炭焼夫婦の在所 http://g.co/maps/n4ptn
小木の港の問屋 http://g.co/maps/nc33c
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

30 人のユーザが現在オンラインです。 (21 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)