No.0198
ひともしやま
火ともし山
高ヒット
放送回:0122-B  放送日:1978年02月18日(昭和53年02月18日)
演出:漉田實  文芸:漉田實  美術:馬郡美保子  作画:上口照人
写真あり / 長野県 ) 58964hit
あらすじ

昔、諏訪湖の東の村に「おなみ」という娘がいた。おなみには、夫婦になろうと言い交わした若者がいた。ところが、ある日若者はやんごとなき理由で今住んでいる村から湖の向こう側に移り住まなくてはいけなくなった。

おなみは若者と会えなくなる事をとても悲しんだが、若者は毎晩湖のほとりの山で火をともすとおなみに約束した。その火を見て、心を通わせようと思ったからだ。若者は、移り住んだその日から夜になると山で火をともすようになった。

若者に恋焦がれていたおなみは、我慢できなくなって火を目印に若者の元に走りだした。おなみは酒の入った竹の筒を持って、湖のほとりを全力疾走する。やがて若者の元にたどり着いた頃には、中の酒から湯気が出て、熱燗のようになっていた。若者に早く会いたいと言う思いのせいで胸が焦がれるようになり、それで酒が温まるのだと言う。

ある日、おなみはもっと早く若者の元に行きたいと思うようになった。湖をぐるりと回るのは時間がかかる。そこでおなみは湖を泳いで渡ることにした。冬の寒い中だったが、おなみは若者の火を頼りに湖を泳いで渡った。湖から上がったおなみの手には魚が握られていた。

いつもより早く来たおなみに若者は驚いた。さらに、おなみがびしょぬれであること、取れたての魚を差し出したことに若者は驚いた。この寒い中、おなみが湖を泳いできたと言うことが若者には信じられなかったし、もし本当にそうならこれは正気の沙汰ではないと思った。

次の日、若者は火をともした後に湖をじっと見ていた。すると、おなみは一直線に湖を泳いできていた。その様子を見た若者は背筋に冷たいものが走り、おなみのことが怖くなった。

次の日、おなみは湖のほとりで若者が火をともすのを待っていたが、いつもの時間になっても火はともされなかった。少しでも早く若者に会いたいと思っていたおなみは、雪がちらつく中、湖へと入っていった。湖の真ん中からでも、いったん火がともされれば、それを目指せばいいと思ったからだ。

しかしその晩、山に火がともされることは無かった。そしてその晩以来、おなみの姿を見た者もいなかった。 しばらくして、若者が熱病で死んだと言う話が、風の便りでおなみの村に伝わってきた。

(引用/まんが日本昔ばなし大辞典)


ナレーション常田富士男
出典大川悦生(角川書店刊)より
出典詳細信州の伝説(日本の伝説03),大川悦生,角川書店,1976年2年10日,原題「火ともし山」
現地・関連お話に関する現地関連情報はこちら
場所について火燈山(岡谷市湊三丁目周辺)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:火燈山(岡谷市湊三丁目周辺)
追加情報
本の情報サラ文庫まんが日本昔ばなし第27巻-第131話(発刊日:1978年12月20日)
サラ文庫の絵本より絵本巻頭の解説によると「長野県の昔ばなし」
このお話の評価7.6667 7.67 (投票数 9) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/2/11 22:30 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 40  件):   <前  1 ..  5  6  7  8  9  10  11  .. 40  次>  
コメント一覧
4件表示 (全24件)
もみじ  投稿日時 2012/9/1 0:26
横から失礼します。

諏訪湖の大きさは周囲が15kmあり、面積は13k㎡あるそうです。
平均水深が4m、最も深いところで7mはあるそうですので、横断する距離的なことを考えると、
少女が泳いで渡るのはけっこう難しいと思いますよ(;´Д`)
写真で見ても、うーん…無理じゃないかなぁ(・ω・;)

もみじは、琵琶湖がある滋賀県に住んでますので、幼い頃はよく琵琶湖で泳いだものです。
そんな経験から言わせてもらえば、はっきり言って、湖での遊泳は沖まで行くのはおすすめできません。
海と違って浮力が働かないし、プールと違って「波」があります。
体力ないと、か~なり疲れますよ~(;´Д`)
諏訪湖はどうかしりませんが、琵琶湖は沖へ出ると藻が沢山あるので足を取られやすいです。
調べると、諏訪湖は真冬は湖が全面凍結しちゃうこともあるらしいので、
お話の時期が冬ならば水温から言っても、相当厳しいでしょうね。(・ω・;)
でもそれほど、好きだったんでしょう。
なのに別れ話をするんじゃなくて死なせてしまうなんて、この男は身勝手です(`・ω・´)プンプン

ちなみに、琵琶湖にも似たような昔話が残っています。
泳ぐのではなく、「たらい」を船がわりに使って行くんですけどね。でも最終的に恋する乙女の執念を恐れた男が、目印の明かりを消してしまって「たらい船」で浮見堂を目指していた女を迷わせてしまうのです。そして女は琵琶湖の沖にふく季節風をあびて転覆して亡くなってしまうというお話です。

大きな湖は恋の障害として捉えられていたのかも?(・ω・)

ちなみに、諏訪湖は現在は、遊泳はお勧めできない水質状態らしいですよ(;´Д`)


以上、横槍しつれいしました…。

beniko  投稿日時 2012/8/30 19:09 | 最終変更
お天気の良い日に撮影した諏訪湖の写真はきれいですね。実際に火燈山からの撮影ということで、大変参考になります。
対岸がずいぶんと遠い所に感じますが、少女が一人で泳いで渡れるものなんでしょうか?(しかも淡水だから浮力もあまり無いだろうし)
原作では「若者は明らかな殺意があった」という事で、少々、若者に対する見方も変わってきますね!まぁ紅子から言われせれば、あの若者は死んで当然です!
のりくん  投稿日時 2012/8/30 18:14 | 最終変更
私、のりくんは地元で出版された竹村良信先生の『ひとぼし山』に基づいて現地巡りをしたのですが、アニメとは大分異なるみたいですね。
竹村先生の『ひとぼし山』では、若者は明確な殺意をもって、娘を諏訪湖の深みにハメて溺死させてやろうとわざと火燈山よりも南側にある小坂観音院から火を灯すシーンが描かれているのですが、まんが日本昔ばなしでは単に火を灯さないで娘を迷わせる描写で終わっています。
アニメでは登場しておりませんが、現地写真として掲載しております「小坂観音院」もお話にゆかりのある場所ですよ。
のりくん  投稿日時 2012/8/29 22:04 | 最終変更
質問内容:まんが日本昔ばなしなどで扱われている『火ともし山』は岡谷市が舞台になっているそうで、若者が火を灯した山が火灯山という地名で残っているみたいですが、具体的にどのあたりか分かりますか?

回答:お問合せありがとうございます。

「ひとぼし山」は字名では「火燈山」という表記で、岡谷市湊三丁目14番の19?33号の番地の北側の山部分になります。パソコンのメールか御住所と御名前を教えていただければ、地図をお送りできると思いますのでよろしくお願いします。

 岡谷市役所 
 岡谷市教育委員会事務局
 生涯学習課 文化財 担当
 主査 xx
 〒 394-8510
 長野県岡谷市幸町8番1号
 ? 0266?23?4811(内線1233)
 Fax 0266?24?2755 
 E-mailshogai@city.okaya.lg.jp   (課宛)
投稿ツリー
4件表示 (全24件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

34 人のユーザが現在オンラインです。 (28 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)