No.0177
ばかなきょうだい
ばかな兄弟

放送回:0110-A  放送日:1977年11月19日(昭和52年11月19日)
演出:冨永貞義  文芸:沖島勲  美術:石津節子  作画:冨永貞義
富山県 ) 10314hit
とんまな兄弟のアホなエピソード

昔ある村に、グズという兄とダブという弟が、両親と一緒に暮らしていました。今日はお坊さんがやってくるという日、忙しくしていた母親が、グズとダブにお手伝いを言いつけました。

さっそく兄のグズは、かまどでご飯を炊き始めました。やがてグツグズとお釜が煮えたぎってくると、自分の名前を呼んでいると勘違いして「オイオイ」と返事をし始めました。しかし何回返事してもお釜が呼び続けるので、とうとう腹をたててお釜をご飯ごとひっくり返してしまいました。

その頃、町へ醤油を買いに出かけた弟のダブは、徳利にいれた醤油が揺れてダブダブ言っているのを自分の名前を呼んでいると勘違いしました。そして、ずっと自分の名前を呼び続ける徳利に腹をたてて、田んぼに徳利を捨てて手ぶらで帰って来ました。

今度は、父親が弟のダブに「お寺へ行って権現はん(和尚さん)を呼んで来てくれ、黒い衣を着ている人だよ」と言いつけました。ダブは黒い恰好をしているものなら何でも和尚さんと思いこみ、途中で見かけたカラスに声をかけたり、黒い犬に声をかけたりして、なかなか和尚さんまでたどり着きませんでした。

しばらくして、兄弟の家へ和尚さんがやって来ました。和尚さんがお風呂に入っている間に、ダブはお湯を熱くしてあげようと、脱いで置いてあった和尚さんの衣を焚きつけて全部燃やしてしまいました。大切な衣を燃やされてしまった和尚さんは、あきれ驚いて裸のまま寺へ走り帰っていきました。

両親は「バカにつける薬はない」と嘆きましたが、グズとダブはなぜ叱られるのか分からず、ぽかんと口を開けていました。

(紅子 2012-11-10 23:40)


ナレーション常田富士男
出典石崎直義(未来社刊)より
出典詳細越中の民話 第一集(日本の民話35),伊藤曙覧、石崎直義、佐伯安一,未来社,1963年09月20日,原題「ばかな兄弟」,採録地「婦負郡」,話者「田口作次郎、伊藤タメ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価7.5000 7.50 (投票数 4) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/11/10 23:40 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 27  件):   <前  1  2  3  4  5  6  7  .. 27  次>  
コメント一覧
1件表示 (全1件)
もみじ  投稿日時 2012/12/5 22:06
身も蓋もないというか、すごいタイトルですよね(ノ∀`;)
兄弟の名前もあからさますぎる…(;´Д`)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

37 人のユーザが現在オンラインです。 (30 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)