No.0167
いぬのひのはなし
犬の碑の話

放送回:0103-B  放送日:1977年10月01日(昭和52年10月01日)
演出:小林三男  文芸:利岡裕子  美術:末永光代  作画:猿山二郎
要調査 / 京都府 ) 10473hit
あらすじ

京都の民話(未来社,1965年10月10日)に、同タイトル名のお話があり「このお話かもしれない」ということであらすじを書いてみます。

「戒岩寺の白犬は、ようお使いをする。今日も文箱を下げて文殊様や」
「ほんまに利口な犬やな」
宮津の町の人はそういって、戒岩寺の白犬を褒めない者はなかった。

当時、戒岩寺は智恩寺の奥の院と呼ばれ、文殊堂のある智恩寺の住職も兼ねていたが、和尚の足腰が弱ってからは、智恩寺を納所僧に任せ、日々の用向きは手紙で済ませていた。その手紙を運んでいたのが犬のシロだった。元は捨て犬だったが、和尚がかわいがり、いつの間にか和尚の言葉を聞き分けるようになっていた。寺の小僧もいたが、返事を渋ったり、道草を食ったりだったので、和尚も使いを果たすシロを殊の外かわいがっていた。

「シロよ、今日の手紙は返事をもらってくるんやで」と言うと、シロはワンと吠えて尻尾を振り立てた。それを見ては「ええ子や」と和尚が頭をなでてやり、これを見て寺の小僧は「これでは外に羽を伸ばしにも行けんわい」といつも苦々しく眺めていた。そして和尚からは「お前もシロを見習え」「シロの爪の垢でも煎じて飲め」と言われるから、たまったもんではない。今に見てろと思うことしきりだった。

そんなある日、和尚がシロに「急ぎの手紙じゃ、夕方の鐘が鳴る前には帰ってきてくれ」と言って使いに出した。これを盗み聞きした小僧は、シロに一泡吹かせてやろうと、その日は暮れ六つの鐘をいつもより一刻早く撞いた。ゴーン、ゴーン…。その頃、智恩寺の文殊堂にいたシロはこの鐘の音に驚いた。シロは慌てて寺を飛び出して、一目散に走った。そして、寺の庭にいた和尚の元にたどりつくと、シロは鐘の音とともに力尽き、息絶えてしまった。

これには和尚も驚き、「鐘が鳴り終わる前にといったばかりに頑なに守って…」と泣き崩れた。しかし、暮れ六つにはまだ早いことに気付き、鐘堂を見ると、小僧が泣きながら降りてきて「私が悪かった、私が悪かった」と手をついて謝り、悪戯の次第を話した。和尚は「わしがえこひいきをしたばかりに…」と言って、小僧を叱らなかった。そして、小僧とともに墓を立ててシロを弔ってやった。それは今も宮津の犬の碑として伝えられている。

(投稿者: araya 投稿日時 2012年1月21日 5:03 )

※未来社の「犬の碑の話」ではシロのいた寺を「海厳寺」と表記していたが、聞き書きによる誤記と判断できるので、粗筋では伝承が伝わる実在の「戒岩寺」に改めた。また、犬の呼び名が「白犬」「白っこ犬」「白」と一定しなかったので、便宜上から名前をシロとして統一した。


参考URL(1)
http://www.geocities.jp/k_saito_site/doc/suginosue.html
参考URL(2)
http://goo.gl/maps/UgcLt
ナレーション未見のため不明
出典クレジット不明
出典詳細京都の民話(二反長半,未来社)によると、採録地は宮津市との事。舞台は戒岩寺(飼い主)~智恩寺(使い先)。
場所について犬の碑(宮津市杉末)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:犬の碑(宮津市杉末)
追加情報
このお話の評価7.6000 7.60 (投票数 5) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/1/21 14:37 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 34  件):   <前  1 ..  5  6  7  8  9  10  11  .. 34  次>  
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

37 人のユーザが現在オンラインです。 (25 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)