トップページ >  お話データベース >  四国地方 >  高知県 >  天狗と庄屋さん
No.0164
てんぐとしょうやさん
天狗と庄屋さん

放送回:0102-A  放送日:1977年09月24日(昭和52年09月24日)
演出:児玉喬夫  文芸:沖島勲  美術:下道一範  作画:阿部明
高知県 ) 6687hit
あらすじ

むかし、ある村に立派な屋敷に住む庄屋さんがおった。

庄屋さんの屋敷は、村人が気軽に入って来られるよう入口の扉はとっぱらってあったそうな。この庄屋さん、村人を集めては、得意の弓や、趣味で集めた様々な品物の話をするのが大好きじゃったんじゃと。

さて、この村の悩みの種は、裏山に住む天狗が悪戯をすることじゃった。例えば、「子供が川に落ちた!」という声に、庄屋さんや村人達が駆けつけてみると、子供は川になんぞ落ちとらん。仕方なく庄屋さんが屋敷に帰ると、大事な品々が盗まれておる。こんなことが何度もあり、村人達もすっかり怒ってしもうたそうな。

そんなある夜、庄屋さんは下男が裏口で倒れているのをみつけた。聞けば、裏庭で怪しい物音がして恐ろしい顔の天狗が現れたと言う。そこで庄屋さん、弓を持ち出して門から出て行こうとする影を射た。矢は天狗の羽にあたり、天狗は片方の羽だけで山へ逃げて行った。

次の日、庄屋さんの屋敷に気の弱そうな男がやって来た。男は「私は裏山の天狗です。どうぞ羽を返して下さい。」と言うたそうな。下男は、この前見た天狗とはちょっと顔が違うなと思うた。そうして天狗は悪戯をやったことは認めたが、盗みの方は断じてやっていないと言い張ったんじゃと。怒った庄屋さんは天狗を納屋の柱に縛りつけてしもうた。

じゃがその夜、また怪しい人影が現れて屋敷の品物は盗まれた。天狗は盗人ではなかったのじゃ。庄屋さんは天狗に謝り、これからは悪戯はしないと約束させて羽を返してやった。

天狗は庄屋さんにお礼を言い、屋敷の門に盗人を捕まえるまじないをかけて、帰って行った。それから何日かして、門の所で金縛りになった盗人が捕まった。この盗人、天狗以上に天狗のような顔をしておったそうな。

それから村にはもう二度と盗みは起こらなかった。そうして庄屋さんの家の門は、相変わらず開けたまんまにしてあるそうじゃ。

(投稿者: ニャコディ 投稿日時 2012-8-18 22:54 )


ナレーション市原悦子
出典市原麟一郎(未来社刊)より
出典詳細土佐の民話 第一集(日本の民話53),市原麟一郎,未来社,1974年06月10日,原題「天狗と庄屋さん」,採録地「宿毛市」,話者「岡本雄二郎」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価10.0000 10.00 (投票数 1) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/8/18 23:12 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 25  件):   <前  1  2  3  4  5  6  7  .. 25  次>  
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

33 人のユーザが現在オンラインです。 (29 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)