No.0153
あんちんきよひめ
安珍清姫
高ヒット
放送回:0094-B  放送日:1977年07月30日(昭和52年07月30日)
演出:馬郡美保子  文芸:沖島勲  美術:馬郡美保子  作画:馬郡美保子
写真あり / 和歌山県 ) 83027hit
姫がお坊さんを愛しすぎて、とうとう恐ろしい大蛇になった

昔、安珍という若いお坊さんが、熊野大社(くまのたいしゃ)へお参りする途中、庄屋さんの家に一晩泊めてもらった。庄屋さんの一人娘の清姫と出会い、二人とも強く心惹かれあった。安珍は、「熊野大社からの帰りに、必ずまた立ち寄るから」と、言い残して庄屋の家を出発した。

しかし、到着した熊野大社の僧侶に心の迷いを見抜かれ、目を覚ませと諭された。修業中の身であった安珍は改心し、清姫と会わないよう帰り道とはちがう道を帰る事にした。清姫はそんな事とはつゆしらず、安珍の帰りを待ちわびて、見知らぬ旅人に声をかけた。「あの、もし。熊野詣からの帰りの、若いお坊さまにお会いになりはしませんでしたか?」

別の道で帰ったと知った清姫は、わけがわからず混乱しながらも必死に安珍を追いかけた。日高川を船で渡る安珍を見つけたが、清姫は日高川で溺れてしまった。清姫は、赤い火を吐く恐ろしい大蛇の姿に変化し、さらに安珍を追い続けた。

安珍は必死の思いで道成寺(どうじょうじ)に逃げ込み、釣鐘(つりがね)の中に隠れた。大蛇になった清姫は、安珍の隠れた釣鐘に体を巻きつけ、真っ赤な炎を吐き続けて、とうとう安珍を焼き殺してしまった。

(紅子 2011-8-28 20:59)


参考URL(1)
http://www.dojoji.com/anchin/
ナレーション常田富士男
出典(表記なし)
DVD情報DVD-BOX第3集(DVD第12巻)
VHS情報VHS-BOX第6集(VHS第57巻)
現地・関連お話に関する現地関連情報はこちら
場所について道成寺(どうじょうじ)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:道成寺(どうじょうじ)
追加情報
本の情報サラ文庫まんが日本昔ばなし第22巻-第109話(発刊日:1978年3月20日)/国際情報社BOX絵本パート2-第062巻(発刊日:1980年かも)/講談社テレビ名作えほん第036巻(発刊日:1981年1月)
サラ文庫の絵本より絵本巻頭の解説によると「道成寺の伝説」
講談社の300より書籍によると「和歌山県のお話」
このお話の評価8.8000 8.80 (投票数 15) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/8/28 20:59 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 22  件):   <前  1  2  3  4  5  6  7  .. 22  次>  
コメント一覧
6件表示 (全16件)
もみじ  投稿日時 2012/12/24 0:57
むりどんさんへ

古い記憶を頼りにしたこのような仮説は独りよがりの自己満足かもしれませんが、
興味深いなんて言ってもらえると嬉しいです(*´∀`*)ありがとうございます。

仏教対産土神では?という仮説的なものは
宗教的な争いでどっちが優れているかという意味ではないです。(念のため)

やはり古くから信仰のあったものと、新しく広まっていくものとの間には
どうしても、確執がでてしまうものですからね。

神社も寺もどちらも古い歴史・建造物を持っている近畿において
仏教か、産土神か!という確執がなかったかといえば、そうじゃないと思うので、
そういうのも根底にはあるのかなと思った次第です(・ω・)


マルコ  投稿日時 2012/12/22 22:38
このお話って日本の伝統芸能の能や歌舞伎の演目になっているので結構有名ですよね・・・。
昔ばなしを見てから、これらの芸能に興味を持てたらいいですよね・・・。
むりどん  投稿日時 2012/12/22 21:50
仏教 対 産土神 …

そう言われると、なるほどな~ と、思います。
もみじさんのお話は、いつもほんとに興味深いです。

むりどんは、昔話が大好きですが、あまり詳しいことは分からないので、
もみじさんの、研究熱心にはすごいなーと思います。
地元なので、道成寺には時々いきますが、次からは、違う視点で見られそうです。






もみじ  投稿日時 2012/12/19 0:53
清姫の情念が怖い話ですよね(;´Д`)ストーカーっぽい
優柔不断だった安珍も悪いんですけどね。
きっぱりと断れば良かったものを…。
この話を知った当時は

何がどうして蛇になっちゃうわけ?(゜д゜)

と思ったものです。子どもだったので意味がわからなかったですねぇ…。
清姫が蛇になっちゃう理由としては、清姫の母親が白蛇の精だった。
というものがあるそうです。
まぁそれだと蛇に変身しちゃった事も納得できなくもないかなと私は思います。(・ω・)

お坊さんの妖怪退治の話の中には、「仏教 対 産土神」という構図が少なからずあるのだとどこかで読んだ記憶がありますが、この安珍清姫も、仏教徒の安珍と、仏教が台頭したせいで信仰を奪われ神から妖怪へと堕とされた白蛇(清姫)との一種の戦いのようにも見えますね(・ω・)

wikiページ 安珍清姫
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E7%8F%8D%E3%83%BB%E6%B8%85%E5%A7%AB%E4%BC%9D%E8%AA%AC
ゲスト  投稿日時 2012/12/15 12:17
安珍はイケメンなうえ、相当なプレイボーイだったらしい。
いつの時代も、女の情念はおっとろしいね。
ゲスト  投稿日時 2011/8/29 23:06
この話では、まるで両想いのように描かれていますけど、実際は清姫が一方的に部屋に入ってきて交際を迫った、という事ですが。
ちょっとアレンジするだけで、こんな悲しい話になるもんですね。
道成寺に伝わるお話だと、清姫はただの狂気じみた未亡人ですよね。
投稿ツリー
6件表示 (全16件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

21 人のユーザが現在オンラインです。 (16 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)