トップページ >  お話データベース >  ある所 >  ごんぎつね
No.1474
ごんぎつね
ごんぎつね
高ヒット
放送回:特別番組  放送日:2006年08月09日(平成18年08月09日)
演出:前田康成  文芸:伊東恒久  美術:門屋達郎  作画:大竹伸一
ある所 ) 51840hit
あらすじ

いつもいたずらばかりしているきつねのごん。ある日、兵十という男が、うなぎをとろうとしていました。ごんは、いたずらをしようと、そのうなぎをぬすんでしまいました。

しかし、そのうなぎは病気になった兵十のおっかあのために兵十がとろうとしていたものでした。兵十のおっかあが亡くなって落ち込む兵十をみて、ごんは償いをすることにしました。

まず、いわし屋のいわしを兵十の家になげこみましたが、そのせいで兵十は盗っ人とまちがえられてしまいました。次の日からは、ごんはくりやまつたけを置いていくようになりました。

ある日、兵十と仲のいい、加助という男に、兵十は毎日誰かがくりやまつたけを置いていくと話しました。それを聞いた加助は、兵十に、それはきっと神様の仕業に違いないといいました。

それを聞いたごんは、せっかく持って行っているのに、むくわれないと思いました。あくる日も、ごんはくりをもって兵十の家にいきました。兵十はごんに気づき、またいたずらをするつもりだなと、火縄銃でごんを撃ってしまいました。

しかし、そのとき兵十は、ごんがくりを持っていたのに気付きました。「ごん、お前だったのか…。」ごんはぐったりとしながら、うなずきました。まだ煙が、筒の中からたなびいていました。

(投稿者: t 投稿日時 2013-12-11 22:06 )


ナレーション市原悦子
出典新美南吉(原作)
備考1985年に映画として放映(番組10周年を記念)、その後2006年8月9日に夏休みスペシャルとしてテレビで放送。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報講談社テレビ名作えほん別巻1(発刊日:1985年7月)
このお話の評価9.0000 9.00 (投票数 17) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/12/13 0:26 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 68  件):   <前  1 ..  62  63  64  65  66  67  68  次>
コメント一覧
10件表示 (全20件)
ミムラ  投稿日時 2014/12/22 21:58
私が小学4年生の時、母が録画してくれた、このごんぎつねのビデオを先生に頼まれ、学校の授業でみんなで見た覚えがあります。今、息子が小学4年生になり、同じように教科書にごんぎつねが出てきました。このごんぎつねの映画を思い出し、子供達に見せたいと思ったのですが、商品化されていないのですね;
DVD化を熱望します!
Bayreuth1943  投稿日時 2014/8/31 19:50
この昭和60年版のごんぎつねは、私が幼稚園の年長さんの時に地元の公会堂で見た作品です。エンディングに流れる葛城ユキさんのテーマソングと合わせて、子供心にものすごい衝撃を受けたアニメーションだった記憶があります。
愛くるしいごんぎつねのデザインや、繊細な背景の描き方など、未だに記憶に焼き付いています。作品の制作がものすごくしっかりしていたからこそ、この作品の悲しさがなおのこと強調されたのだと思います。
日本のアニメーション映画の隠れた名作です。ぜひともブルーレイ化して欲しい作品です!
匿名希望。  投稿日時 2014/3/19 10:30
ごんぎつね超カワイイ!
でも、悲しい結末に涙しました・・・。(泣)
3人のまま  投稿日時 2014/1/13 22:01
小1の頃テレビで見て何度もビデオで見ました。今でもたまに思い出します。うちの子供たちにも是非見せたいアニメです。是非また放送してください。
マルコ  投稿日時 2013/12/11 18:53
工工工エエエエエエェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェエエエエエエ工工工 そうなんですか?
川内社長さんってプロデューサーの方でしたっけ?間違っていたらごめんなさい。
何かご存じなら、もっと教えてください!!
ゲスト  投稿日時 2013/11/29 23:11
ごんぎつねは川内社長がとりわけ、思い入れのあられた劇場用映画だったと思います
マルコ  投稿日時 2013/11/10 0:54
「ごん…お前だったのか…いつも栗をくれたのは・・・。」常田さん演じる兵十の言葉とともに、流れてくる名曲です・・・。
うあ゙ぁあ ・゚・(´Д⊂ヽ・゚・ あ゙ぁあぁ゙ああぁぁうあ゙ぁあ゙ぁぁ
ごんが死んじゃったよう・・・。

以下は、曲を聞いて、歌詞を書き込みしました。

歌手:
葛城ユキ

作詞:
大津あきら

作曲:
鈴木キサブロー

教えてくれた 愛の涙
この頬に 今 輝くけど
お前を亡くした 悲しみまで
包んでくれは しない
優しさなんて 気づかないまま
傷つけただけ お前ひとり
泣かないでもう心 泣かないでよ
思い出を ただ 絆に
yesterday 抱きしめて
温めて もう一度胸を
yeserday 唇で
溢れ出す涙をすくって

草原の陽を浴びた あの夏の日
雨に震えた 切ない冬
泣かないで もう誰も 泣かないでよ
帰らざる 微笑み

yesterday 抱きしめて
温めて もう一度 愛を
yesterday 唇で
溢れ出す涙をすくって

心抱きしめて 悲しみを温めてmy hart
yesterday 唇で
溢れ出す涙をすくって
匿名希望。  投稿日時 2013/10/31 22:35
私もDVD化希望です!
n  投稿日時 2013/2/27 13:30
ああ、すみません。こちらは個人のサイトだったんですね・・・;
見つけた!と喜んで勢いで書き込んでしまいました。
申し訳ありません。
ご迷惑でしたらお手数ですが削除をお願いいたします。
n  投稿日時 2013/2/27 13:26
私が一番好きなごんぎつねで、一番好きな絵本です。
絵本がボロボロになった今でも大切に持っています。
村人からの目線だけでなく、ごんが村に住み着くようになった理由、
可愛く、無邪気故の悪戯、餌の確保などが描かれていてとてもごんに感情移入が
しやすいと思います。
2006年の放映も見てビデオに録画もしていますが、TV用に編集されていますよね?
是非々、ノーカットでDVD化してください。
ちらほらと探している方もネットで見かけます。
皆さん"きっと誰も知らない"と思っているだけかと。
本当にDVD化お願いします!
尻尾でお掃除の真似をするところが観たいです。
投稿ツリー
10件表示 (全20件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

39 人のユーザが現在オンラインです。 (32 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)