No.1461
ゆうがおちょうじゃ
夕顔長者

放送回:0943-B  放送日:1994年07月23日(平成06年07月23日)
演出:辻伸一  文芸:沖島勲  美術:門屋達郎  作画:辻伸一
広島県 ) 7752hit
あらすじ

昔あるところに、長者がいた。長者には、一太郎、二郎という息子がいた。兄の一太郎は、いじわるで欲張り。弟の二郎は、兄思いの優しい男だった。

ある日、死を悟った長者は、枕元に二人を呼び、自分が死んだら家の財産は二人で分けるようにと言って死んでしまった。一太郎はさっさと葬式を済ませると、二郎に少しの種もみを渡し、庭の物置小屋を直して住むようにといい、二郎を追い出してしまった。

二郎は米作りに励み、秋には豊作となったが、大嵐で米はすべて流された。再び種もみを借りにきた二郎に、いじわるな一太郎は種もみにお湯をかけ、芽がでないようにしたものを渡し、来年できた米を返すように言う。

半年後、一太郎が二郎の様子を見に行くと、なんと夕顔の実が豊作となっていた。米を返す約束を破ったことに怒った一太郎は、二郎との縁を切って出て行ってしまった。

その後、二郎が夕顔の実を切ってみると、中から大量の米が出てきた。このおかげで、二郎は村一番の長者となり「夕顔長者」と呼ばれた。また、財産を食いつくした一太郎は、数年後にはすっかり貧乏になった。

(投稿者: 十畳 投稿日時 2012-1-7 15:58 )


ナレーション常田富士男
出典垣内稔(未来社刊)より
出典詳細安芸・備後の民話 第二集(日本の民話23),垣内稔,未来社,1959年11月30日,原題「夕顔長者」,採録地「双三郡」,話者「伊藤博三」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価8.8333 8.83 (投票数 6) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/1/7 16:24 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 27  件):   <前  1 ..  21  22  23  24  25  26  27  次>
コメント一覧
1件表示 (全1件)
ゲスト  投稿日時 2016/12/31 4:54
一太郎氏の「口出しするとヒマを出すぞ!」がかなりツボでした!
出るわけねー出るわけねー出るわけねー!
なにしろ熱い湯ぶっかけてあるんじゃからな!

この話大好きです!

新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

53 人のユーザが現在オンラインです。 (37 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)