No.1459
ねこといぬ
猫と犬

放送回:0941-B  放送日:1994年07月09日(平成06年07月09日)
演出:フクハラ・ヒロカズ  文芸:沖島勲  美術:小出英男  作画:フクハラ・ヒロカズ
鹿児島県 ) 9855hit
あらすじ

昔、村はずれの鍛冶屋の権助さんの家に、猫のニャン五郎と犬のワン吉が住んでいた。

ある日、権助さんは自分の作った道具をかついで街に売りに行くことになった。権助さんは、くれぐれも居眠りしないでちゃんと留守番をするようにニャン五郎とワン吉に言いつけ、家を出て行った。

権助さんが出かけると、ニャン五郎は昼飯を食べようとワン吉に言い、魚を持ってきた。「こりゃまずい。ご主人様の夕飯のおかずだよ」と、ワン吉が言うのも聞かず「食ってしまえばそれまでよ」と言ってニャン五郎は魚を食べてしまった。そして、ワン吉には頭としっぽしか残さないのだった。

昼飯を食べたら眠たくなってきたので、ニャン五郎はご主人様の言いつけも構わず、縁側で昼寝を始めた。これを見ていたワン吉、しばらくして自分も眠くなってきたので、今度は自分が寝る番だとニャン五郎に言う。

するとニャン五郎は、隣で昼寝されると自分も眠たくなるので庭で寝ろと言うのだ。仕方なくワン吉は、ござを敷いて庭で寝ることにした。

ワン吉が寝ている間、なんとか目を覚ましていようとするニャン五郎だが、次第にウツラウツラし出し、とうとう我慢できずに縁側で眠ってしまった。

さて、そうしている間に、家には留守を狙った空き巣が忍び込んだ。ところが二匹とも眠りこけていたので空き巣が入ったことに気が付かず、空き巣はこれをいいことに、家財道具一式を盗んでいってしまった。

ニャン五郎は、ご主人の権助さんが帰る頃にハッと目を覚ました。家の中を見渡せば、家財道具など目ぼしいものは全部盗まれている。慌てたニャン五郎は、徳利を頭にぶつけて傷を作り、腕に包帯を巻いて囲炉裏の灰の中にもぐった。そして権助さんが帰ってくると、自分はこの通り泥棒と闘ったが、ワン吉は泥棒など構わず外で昼寝をしていたと言って、空き巣に入られた責任をワン吉一人に負わせてしまったのだ。

怒った権助さんは、それ以降ワン吉が家の中に上がるのを許さず、ワン吉は庭で食事をとることになった。

こんな訳で、今に至るまで猫は座敷で食事をし、犬は外で食事をしているのだそうだ。

(投稿者:やっさん 投稿日時 2014/12/1 14:00) 


ナレーション市原悦子
出典鹿児島県
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価10.0000 10.00 (投票数 1) ⇒投票する
※掲載情報は 2014/12/1 13:59 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 38  件):   <前  1 ..  32  33  34  35  36  37  38  次>
コメント一覧
1件表示 (全1件)
マニアック  投稿日時 2011/11/15 20:06
フクハラ作品最終作!最後の作品らしく、好きだと思われる猫が、全面的に描かれている。
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

26 人のユーザが現在オンラインです。 (14 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)