トップページ >  お話データベース >  要調査 >  だんまり作左
No.1451
だんまりさくざ
だんまり作左

放送回:0933-B  放送日:1994年05月14日(平成06年05月14日)
演出:こはなわためお  文芸:沖島勲  美術:門屋達郎  作画:柏木郷子
要調査 ) 4054hit
あらすじ

猟師の作左は、名うての鉄砲撃ちでしたが、大変無口な頑固者で知られておりました。

ある時、お殿様の巻狩りが催され、作左も鉄砲の指南役として村人ともどもお侍衆に同行しておりました。方々でお侍衆が兎や山鳥を仕留めて、お殿様は上機嫌でしたが、ふいに藪から大猪が飛び出し、人々を押しのけてお殿様の陣へと向かって来たのです。

狼狽するお殿様に作左は引き金の頃合いを指示しますが、怖気づいたお殿様は的を外し、陣は大猪に踏み崩されてしまいました。あまりにふがいないお殿様に激怒した作左は棒きれでその脳天をしたたか打ちつけてしまいました。

ほどなくして我に返った作左は地に付して詫びましたが、息を吹き返したお殿様は激怒して怒鳴り散らし「後日連絡する」と言い捨ててお城へ引き返していきました。

村では、作左は打ち首になるという話で持ち切りでしたが、お城から届いたしらせは驚くべきものでした。それによると、情愛の庭先で籠から解き放った二羽の鴨を一発の弾にて撃ちぬくことができれば、この度の無礼を許してつかわす、というのです。

あまりの無理難題を誰もが無理と思いましたが、作左だけはキッと口を結び、その日から鉄を煎り、鉄砲の弾づくりにかかりました。家では作左の女房が、夜通し仕事を続ける作左を見るに堪えず泣き崩れる始末でしたが、それでも作左は黙々と弾を造り続けました。

約束の当日は雲一つない快晴でありました。お城に赴いた作左を見下ろしながら、お殿様は籠の鴨を放たせました。静まり返った城内に二羽の鴨の羽音だけが響く中、作左は身じろぎひとつせず宙を見据えておりました。

すると、飛違う二羽の鴨の姿が真上に上った太陽の中に重なったその瞬間、作左の鉄砲は目にもとまらぬ速さで火を噴き、二羽の鴨は一同の眼前に舞い落ちてきたのでした。

呆然とするお殿様や家来衆を尻目に立ち去っていく作左を、人々はそののち、だんまり作左と呼んだということです。

(投稿者:ゲスト 投稿日時 2014-1-16 23:03)


ナレーション市原悦子
出典クレジット不明
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価10.0000 10.00 (投票数 1) ⇒投票する
※掲載情報は 2014/1/17 0:37 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 95  件):   <前  1 ..  88  89  90  91  92  93  94  95  次>  
コメント一覧
1件表示 (全1件)
マニアック  投稿日時 2012/6/14 21:02
語り、市原悦子。
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

35 人のユーザが現在オンラインです。 (17 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)