No.1427
ならなしとり
なら梨とり

放送回:0909-A  放送日:1993年11月06日(平成05年11月06日)
演出:森川信英  文芸:沖島勲  美術:小出英男  作画:森川信英
岩手県 ) 12075hit
あらすじ

昔、ある村に、おっとうを早くに亡くしたおっかあと三人の息子が住んでいた。

ある日のこと、おっかあが突然倒れて、重い病気に罹(かか)ってしまった。病床のおっかあは「奥山にあるなら梨が食べたい。」と言い、これを聞いた長男の太郎は、なら梨を取りに出かけた。

太郎が奥山目指して進んで行くと、山の中腹に大岩があり、この大岩の上に仙人が座っていた。仙人は太郎にどこに行くのかと尋ねる。太郎が奥山のなら梨を取りに行くと答えると、仙人は、途中で熊笹が「行くなガサガサ。」と言う時は行ってはならないと教えた。

太郎がさらに進むと、仙人が言った通り熊笹が生い茂った場所に出た。熊笹は「行くなガサガサ。」とささやいていたが、太郎はお構いなしに進んで行く。すると、笹の中からクマが現れ、太郎を追いかけまわした。

太郎は、ほうほうの体でクマから逃れ、やっとの思いで奥山の沼にたどり着いた。沼のほとりには、梨の木が生えており、太郎は一番低い枝から梨を取ろうとした。するとその時、生臭い風が吹き、沼から化け物が現れ、あっと言う間に太郎を呑み込んでしまった。

いつまで待っても太郎が帰って来ないので、次は次郎がなら梨を取りに出かけた。しかし、次郎もまた戻っては来なかった。

こうして、とうとう三男の三郎がなら梨を取りに行くことになった。三郎も途中で仙人に会い、熊笹の事を教えてもらった。そこで三郎は、お礼に握り飯を仙人にあげた。すると仙人は、三郎に一本の短刀を渡した。

三郎は仙人の言う事をよく守ったので、熊笹の原も無事に越え、梨の木のある沼の前までやって来た。三郎は、化け物に見つからないように、自分の影が水面に映らない南側の枝から梨を取り始めた。しかしつい調子に乗り、北側の枝まで手を伸ばしてしまい、やはり化け物に呑み込まれてしまった。

ところが三郎は、仙人から渡された短刀を使って化け物の腹を裂き、見事に化け物を倒した。こうして三郎は、化け物の腹から助け出した兄たちと共に家に帰り、おっかあになら梨を食べさせた。すると、おっかあの病気が嘘のように治ったということだ。

(投稿者: やっさん 投稿日時 2014/5/13 16:47) 


ナレーション常田富士男
出典岩手県
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価6.0000 6.00 (投票数 3) ⇒投票する
※掲載情報は 2014/5/13 16:47 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 80  件):   <前  1 ..  74  75  76  77  78  79  80  次>  
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

41 人のユーザが現在オンラインです。 (30 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)