情報の掲載されているページはこちらです。(本文に戻る)byまんが日本昔ばなし〜データベース〜[印刷用画面]

ねずみの嫁(ねずみのよめ)

放送回No.1402(0891-A)
放送日1993年06月12日(平成05年06月12日)
出典(表記なし)
クレジット演出:前田こうせい 文芸:沖島勲 美術:青木稔 作画:前田こうせい
ナレーション常田富士男

世界一の良い嫁は身近にいるもんです

世界一の良か嫁ごを探して旅するネズミの男がいた。旅の途中、腹がへって倒れているところに、やさしいネズミの娘さんに出会った。

ネズミの娘さんが「一番偉いのは太陽じゃ」と言った事から、男に頼まれて、太陽さんのところに嫁になってもらえるようお願いに行った。

しかし、ネズミの娘さんが太陽にお願いに行くと、「月さんの方が偉いよ」と言われた。
月さんにお願いに行くと、「雲さんの方が偉いよ」と言われる。
雲さんにお願いに行くと、「風さんの方が偉いよ」と言われる。
風さんにお願いに行くと、「風も通さない壁に穴をあけるネズミの方が偉いよ」と言われる。

その事をネズミの男に伝えると、「じゃあお前を嫁にすることに決めた」と言ったが、娘はそれを断った。しかし、ネズミの男が心を入れ替え身勝手さを直した事で、その男と結婚することにした。ネズミの男はようやく、世界一の良か嫁をもらう事ができた。

(紅子 2011-6-14 18:25


※このページは印刷用の画面です。情報の掲載されているページは、こちらです。(本文に戻る)