情報の掲載されているページはこちらです。(本文に戻る)byまんが日本昔ばなし〜データベース〜[印刷用画面]

雁と亀(がんとかめ)

放送回No.1391(0884-A)
放送日1993年04月17日(平成05年04月17日)
出典埼玉県
クレジット演出:小林治 文芸:沖島勲 美術:千葉秀雄 作画:須田裕美子
ナレーション市原悦子

あらすじ

ある池に、一匹の亀が住んでいた。亀は、池の上空を飛んでいく鳥たちをいつもうらやましそうに眺めていた。

ある時、一羽の雁が池に羽休めのために降りてくる。それを見た亀は、雁に自分も空を飛びたいと頼み込み、その背中に乗って念願の大空へと飛び立つ。しかし、しばらくすると銃声が聞こえ、弾丸が飛んできた。そして亀は雁の背中から振り落とされてしまう。

狙われた雁は何とか狩人から逃げおおせ、振り落とされた亀は甲羅にひびが入ってしまったものの無事であった。それから亀は空を飛べるようになりたいとは思わなくなったが、それからもちょくちょくあの時の雁の背に乗っては空を飛びまわっているという。

(投稿者: kkakutyou  投稿日時 2012-6-1 23:36)


※このページは印刷用の画面です。情報の掲載されているページは、こちらです。(本文に戻る)