トップページ >  お話データベース >  中国地方 >  広島県 >  みょうがの宿
No.0138
みょうがのやど
みょうがの宿
高ヒット
放送回:0085-A  放送日:1977年05月21日(昭和52年05月21日)
演出:芝山努  文芸:境のぶひろ  美術:芝山努  作画:芝山努
広島県 ) 67878hit
茗荷を食わせて財布を忘れさせようとした欲張り夫婦の話

昔、安芸の宮島の厳島神社(いつくしまじんじゃ)へ続く街道筋に、とても欲深い夫婦が一軒の宿屋を営んでいた。強欲ぶりが旅人にもわかるのか、客はめったに来なかった。

その宿に、久しぶりに景気の良さそうなお客がやってきた。強欲な夫婦は、茗荷(ミョウガ)を食べると物忘れする、という話を思い出し、この客にたくさん茗荷を食べさせて大金の入った財布を忘れていかせようと計画した。

強欲亭主が、暑気払いに効果があるからと「茗荷の重ね食い」と名づけたその献立は、茗荷の串焼き、茗荷の浅漬け、茗荷の三杯酢、茗荷の煮つけ、茗荷のお汁、茗荷飯、にお酒。ミョウガのフルコースだったが、どれも美味しかったため客は大喜びだった。

翌朝、客は朝食にも茗荷づくしの料理を食べさせられて、なにやらフワフワとした気持ちで厳島神社へ出発した。さっそく亭主は客室をくまなく探したが、何も忘れているものは無かった。がっかりした夫婦だったが、財布に気を取られて宿賃をもらい忘れていた事に気が付いた。

がっくりと気落ちした夫婦だったが、あの客が茗荷料理のうまさをあちこちで吹聴してくれたので、それからその宿は「茗荷の宿」と呼ばれ、たいそう繁盛したそうです。

(紅子 2011-9-26 1:49)


ナレーション市原悦子
出典松岡利夫(未来社刊)より
出典詳細周防・長門の民話 第二集(日本の民話46),松岡利夫,未来社,1969年10月20日,原題「茗荷の宿」,採録地「吉敷郡」,話者「平田クマ、富永亀太郎」
場所について吉敷郡の嘉川という宿場町(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:吉敷郡の嘉川という宿場町(地図は適当)
追加情報
このお話の評価7.5714 7.57 (投票数 7) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/9/26 1:49 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 27  件):   <前  1  2  3  4  5  6  7  .. 27  次>  
コメント一覧
5件表示 (全15件)
マルコ  投稿日時 2014/3/25 18:04
このお話に登場するみょうがを調べていたらこんな面白い記事を見つけました。

http://www.h6.dion.ne.jp/~chusan55/kobore8/412myooganoyado.htm

茗荷の宿
 野菜昔ばなし第十四話の題名は「恋忘れ草」です。忘れ草とはヤブカンゾウという野菜の別名。大昔、これを身に着けたり食べたりすると、つらいことや悲しいことを忘れることができるという俗信がありました。いやなことは、早く決着をつけて忘れてしまうのが良いでしょう。でも大事なことは、忘れずにしっかりと覚えていなければなりません。ところが、野菜のミョウガを食べると、記憶力がうすれて、嬉しいことも、悲しいことも、大切なことも、みんな忘れてしまうという言い伝えがあります。これ、ほんとでしょうか?

ミョウガ(茗荷)はショウガ科の多年草。東アジアの原産で、日本では本州・四国・九州の山野に自生しています。

でも、人間が生活していたと考えられる場所のあたりだけに生えているので、初めからの野生種ではなく、はるか昔に大陸から持ち込まれたものとされています。

 半日蔭の場所を好み、家庭菜園でも一度植えると地下茎が周辺に広がって困るほど強健です。

花は咲きますが、タネはまれにしかできないので、地下茎で繁殖します。地上茎の高さは40~100cmくらいです。
 
 食べる部分は、俗にみょうがの子とか花みょうがと呼ばれる花穂(かすい)と、芽を伸ばしたばかりの若い茎です。7~9月ごろ、根茎から幼茎が伸びて、土の中で花穂をつけます。花穂の中にはつぼみが幾つも入っていて、収穫しないでおくと白い花を開きます。

 花穂は細かく刻んで、そばやそうめん、豆腐などの薬味として食べます。若い茎は切り取って、そのまま料理に添えます。どちらにも独特の香りがあり、それが食欲をそそります。

若い茎は光を遮って軟白(なんぱく)すると薄紅色になって、この色が眼を楽しませてくれます。これをみょうが竹と呼んでいます。そのほか、花穂は、天ぷらや酢の物、味噌汁の具・漬物など、独立した食材としても用いられます。

 東京都文京区に茗荷谷(みょうがだに)という地名があります。ここは江戸時代にミョウガの栽培が盛んに行われていた場所です。現在は群馬県や秋田県で栽培が多く、高知県では、農用ハウスで一年中栽培され、出荷されています。

 平安時代前期の記録書・本草和名(ほんぞうわみょう・918年成立)には、女加(めか)として出ています。古代にはメカまたはメウガと呼んで、主に漬物にして食べたようです。ミョウガは中国にも野生していますが、栽培したり食べたりはしないとのことです。

 ミョウガの香り成分はアルファーピネン類。アルファーピネンとは、香り成分の一つで、針葉樹のマツやヒノキの香り成分と同類です。野菜ではシュンギクの香りもアルファーピネン類です。

アルファーピネンにはリラックス効果があり、脳からのアルファ波の発生を増加するなどの効果があるといわれます。また、食欲を促進し消化を助けるなどの効用や、発汗を促して体温を下げる効果などがあるそうです。

 ミョウガを食べると物忘れがひどくなるという俗信がありますが、栄養学的にそのような成分は含まれていないし、科学的な根拠は何もありません。逆に近年、香り成分・アルファーピネンに集中力を増す効果があることが明らかにされてきています。

<ことば豆辞典> その一
【花 穂】 穂のような形になった花序。花序とは花やつぼみの集まり。
【軟 白】 野菜の茎や葉に土を寄せたり、紙などで覆ったりして光線を遮り、白くやわらかくすること。

箱庭村民  投稿日時 2013/2/11 19:48
落語を始めいろんなみょうがの宿の話がありますが、家賃をもらい忘れたというところでほとんど終わっていて、繁盛する後日談が語られるのは珍しいです。やはり凶悪犯罪をしなかったという点でまだ許せる人なんですね。
くるみ  投稿日時 2012/11/1 12:52
みょうがの料理がまたおいしそうなんですよね(*^_^*)

あのおかみさんもおもしろい。。(^^♪

ゲスト  投稿日時 2012/10/25 1:28
自分が今も覚えている3つの話の内のの一つです。

おもしろかったな・・・。
araya  投稿日時 2011/11/26 22:35
いまさらですが、『周防・長門の民話』(松岡利夫,未来社)を見ますと、話中の「街道筋のとある宿場町」を「周防国は吉敷郡の嘉川という宿場町」と紹介していました。現在の住所では山口県山口市嘉川になります。一応、適当ですが、JR嘉川駅でポインティングしました。どうでしょうかね(^_^;。

http://g.co/maps/4gnyj
投稿ツリー
5件表示 (全15件)
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

33 人のユーザが現在オンラインです。 (26 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)