トップページ >  お話データベース >  中部地方 >  愛知県 >  馬方と弁天さま
No.1363
うまかたとべんてんさま
馬方と弁天さま

放送回:0865-A  放送日:1992年10月31日(平成04年10月31日)
演出:こはなわためお  文芸:沖島勲  美術:田中静恵  作画:こはなわためお
愛知県 ) 6391hit
愛しい弁天様のために歌い続けた馬方の話

昔、尾張国に馬八という馬方がおり、馬八の歌う歌は張りと伸びのある美しい声で評判だった。ある秋の夕暮れ、馬八がいつものように歌を歌いながら三明寺(さんみょうじ)の前を通りかかると、三明寺の弁天様が馬八を呼び止めた。

弁天様は馬八がいつも美しい歌声を聞かせてくれるので、そのお礼として使ってもお金が無くならない巾着を馬八に渡し、この事は決して人には話さないように固く約束させるとたちまち消えてしまった。この時から馬八は、雨の日も風の日も毎日弁天様のために心を籠めて歌いながら三明寺の前を通るようになり、美しい弁天様にもう一度会いたいという気持ちが馬八の歌に艶を持たせ、益々人を酔わせた。

しかしどんなに歌っても弁天様はあれ以来馬八の前に姿を見せず、募る思いを巾着のお金で紛らわし贅沢な暮らしをしていくうちに、馬八は馬方の仕事を怠けるようになった。そして一年が過ぎ、歌う事さえ止めてしまった馬八はある晩、酒盛り中に馬方仲間からどうやってお金を儲けているのかを聞かれ、酔った勢いで三明寺での出来事を話してしまう。

すると不思議な事に巾着からはお金が一文も出てこなくなり、何もかも無くしふて寝した馬八の夢の中に弁天様が現れた。弁天様は自分のした事が馬八を苦しめた事を謝り、馬八にまた歌ってくれるよう願った。目が覚めた馬八は、弁天様が自分の歌を忘れていなかった事を嬉しく思い弁天様に感謝した。それからの馬八はまた元の馬方に戻り、以前よりももっと美しい声で馬を引きながら歌を歌ったという。

(投稿者: お伽切草  投稿日時 2013-6-27 22:35)


参考URL(1)
http://www.ccnet-ai.ne.jp/angorou/mukasibanasi/mukasibanasi/umakatabenten.html
参考URL(2)
http://www.net-plaza.org/KANKO/toyokawa/sanmyoji.html
ナレーション市原悦子
出典愛知の伝説(日本標準刊)より
場所について三明寺
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:三明寺
追加情報
このお話の評価7.0000 7.00 (投票数 1) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/6/27 23:31 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 39  件):   <前  1 ..  31  32  33  34  35  36  37  .. 39  次>  
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

29 人のユーザが現在オンラインです。 (22 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)