No.1358
いぬとねことおおかみ
犬と猫と狼

放送回:0862-A  放送日:1992年09月26日(平成04年09月26日)
演出:小原秀一  文芸:沖島勲  美術:安藤ひろみ  作画:小原秀一
宮城県 ) 10614hit
あらすじ

むかしむかし、ある山のふもとに大きな屋敷があり、そこでは犬と猫が飼われていた。猫は大事にされていたが、犬は年を取りすぎていて、どろぼうが入っても吠えなくなったので、最近ではエサもろくに食べさせてもらえず、ひもじい思いをしていた。

そこで、犬はどうしたものかと裏山の狼に相談しに行った。すると狼は言う。「毎晩、屋敷の奥さんは子供に小便をさせに外に出るので、次の満月の夜に自分(狼)が子供を襲うふりをする。そこで犬が出てきて自分を追っ払って手柄を立てればいい。」

満月の夜が来ると、はたして狼が現れ、屋敷の奥さんと子供に襲い掛かろうとした。犬はこれを追っ払い、事は計画通りに運んだ。翌日、犬は家人から褒められ、たくさんのご馳走を食べさせてもらった。

ところが、狼はお礼に自分の願いを聞いて欲しいと言う。それはなんと、屋敷の猫を食べたいと言うものだった。困った犬は、どうしていいか分からず、猫にこのことを話してみた。

すると猫は「狼と決闘して、負けたら食われてもよい。」と言うのだった。犬がこれを狼に伝えると、狼は「猫のやつ、俺に勝てると思っているのか!?」と怒ったが、兎にも角にも狼と猫の決闘は決まった。

決闘の日、狼は山の一本松のところで待っていたが、猫は約束の時間をとっくに過ぎてるのに現れない。狼は待ちくたびれて、とうとう居眠りしてしまう。そのころ屋敷では、そろそろいいだろうと言って、猫は犬を連れて裏山に向かった。

猫は裏山に着くと、眠っている狼のそばに足を忍ばせて近づき、狼の耳元で鳴いた。すると、寝ている狼はうなされ始めた。狼は、あべこべに自分が猫に食われる夢をみていたのだった。その時、猫は狼の耳をパシッと叩いて狼を起こした。狼が起きると、目の前には、大口を開けた猫が立っている。狼は猫に食われると思い、大慌てで山の中に逃げていった。それから狼が姿を見せることは二度となかったそうだ。

一方、犬と猫はそれからも屋敷で大事に飼われた。

(投稿者: やっさん 投稿日時 2011-6-17 17:33 )


ナレーション市原悦子
出典宮城県
DVD情報DVD-BOX第10集(DVD第49巻)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価9.0000 9.00 (投票数 3) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/6/17 20:37 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 30  件):   <前  1 ..  22  23  24  25  26  27  28  .. 30  次>  
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

43 人のユーザが現在オンラインです。 (28 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)