No.1318
ぎょらんのかんのん
魚籃の観音

放送回:0835-A  放送日:1992年03月14日(平成04年03月14日)
演出:前田こうせい  文芸:沖島勲  美術:前田こうせい  作画:前田こうせい
写真あり / 宮崎県 ) 13241hit
あらすじ

昔々、日向灘の一ッ葉(ひとつば)という細長い入り江で、漁を生業にする若者がいた。若者は腕のよい漁師で、嫁をもらうため毎日一生懸命働いていた。

ところがどうした訳か、ここ数日は雑魚一匹網にかからない日が続いた。夕暮れ時になり、若者が網をしまっていると、ここらでは見かけない一人の美しい娘が、軽い足取りで岩場をピョンピョンと渡って来た。そして、娘の籠には鱸(スズキ)がたくさん入っていた。

若者は娘にどこに網を入れたのか聞きたかったが、そこはグッと我慢した。一人前の漁師が若い娘に魚の付き場を聞くなど、恥かしいと思ったからだ。しかし次の日もまた次の日も雑魚一匹とれず、若者はたまらず夕暮時に通りがかるこの娘に、どこで魚を取ったか聞いてみた。

すると娘は言う。「観音経を念じながら、この先の三本松の海に網を入れてみなされ。」そこで若者はその夜、夜も更けるのも忘れて必死に観音経を覚えた。そして夜が明けると、娘に言われた通り観音経を唱えながら三本松の海に網を入れた。

しばらくすると、網になにやらズシリと重いものがかかった。網を引き揚げてみれば、何と海から揚がったのは、金でできた魚籃観音像だったのだ。若者は観音像を拝んだのち、これをお寺に安置しようと宝寿山正光寺(ほうじゅさんしょうこうじ)へと向かった。

するとどうだろう。正光寺の門前には、若者が浜で見た娘とそっくりの旅姿の娘が立っているではないか。娘が言うには、夢枕で観音様が立たれ、夫婦となる相手は日向の漁師、四十右衛門(よそうえもん)であると聞き、遠く豊後の国からやって来たという。そして今、黄金の観音像をかかえ娘の前に立つ若者こそ、その四十右衛門なのだ。そう、四十右衛門が浜で見た娘は、観音様の化身だったのだ。

こうしてこの娘と四十右衛門は、観音様のお導きで夫婦となり、末永く幸せに暮らしたということだ。また四十右衛門の網にはよく魚がかかり、運にも恵まれ、のちに清水四十右衛門と呼ばれる分限者(ぶげんしゃ)にまでなったそうだ。

 

(投稿者: やっさん 投稿日時 2012-5-2 11:15)


ナレーション市原悦子
出典宮崎県
現地・関連お話に関する現地関連情報はこちら
場所について正光寺
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:正光寺
追加情報
このお話の評価9.3333 9.33 (投票数 3) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/5/2 11:14 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 19  件):   <前  1 ..  13  14  15  16  17  18  19  次>
コメント一覧
7件表示 (全7件)
ゲスト  投稿日時 2014/10/14 0:17
とことん面倒見のいい観音様ですね
マルコ  投稿日時 2013/3/22 13:54
●若者に良縁を授ける
 大淀川が海に注ぐ河口の北岸には、昔から大きな入り江があった。今は宮崎港となっている。この入り江一帯が一ツ葉浜。江戸時代の中ごろ、この浜に葉が1つずつしか付かない松の木が生じ、人々が不思議がって一ツ葉の松と呼んだ。イザナキノミコトの禊(みそ)ぎの場に生えた聖なる松であるとして、そこに一ツ葉稲荷社を建てたと伝えられている。
 昔、この入り江で漁をして暮らしている四十右衛門(よそえもん)という若者がいた。ある夏の日、いつもの通り漁に来て投網を打った。しかし、何度網を打っても、少しも獲物が上がらない。彼は独身で、早く嫁をもらおうと、人並み以上に働いた。しかし、その日に限って、網に魚はかからなかった。
 彼はあきらめて帰りかけた。ちょうどそのとき、網を肩にかけ、背中に捕れたての魚をどっさり入れたかごを背負った美しい娘に出会った。四十右衛門がすっかり見とれていると、娘はにっこり会釈して通り過ぎた。
 翌日四十右衛門は、今日こそはと入り江に出掛けた。しかし、魚は捕れなかった。がっかりして帰りかけると、また昨日の娘に会った。彼は「あんたはどこでこんなに漁があったのか」とたずねた。娘は三本松のところだと言い、「観音経を覚えなされ、観音経を唱えながら網を入れなされ」と教えてくれた。
 四十右衛門は、これはただの娘ではないと思い、家に駆け戻ると、仏壇から観音経を取り出し、高らかに唱え始めた。一晩中唱え続けて暗唱し、朝一番に入り江に走った。そして観音経を唱えながら網を打つと、ずしりと手ごたえがあった。
 網をあげると、1体の観音像がかかっていた。彼は驚き恐れ、観音像を正光寺(吉村町)に預けた。寺の山門を出ようとすると、あの娘が立っていた。にっこりほほえんで「四十右衛門さん」と声をかけ、「私は豊後の国東から四十右衛門さんと結婚するために来ました」と告げた。聞くと、よい婿が見つかるよう観音様に願をかけたら、「日向の四十右衛門をたずねよ」とお告げがあったという。
 四十右衛門は驚きながらも、この娘と結婚し、観音様をあがめた。毎日豊漁が続き、嫁が町に売りに行けば、魚は飛ぶように売れ、四十右衛門は村一番の金持ちになった。正光寺には今もその観音像が祭られ、網掛け観音と呼ばれて信仰されている。


yassan  投稿日時 2012/5/2 11:22 | 最終変更
前にアラヤ氏の投稿もありますが、中国に魚籃観音についての説話があるので、補足ということで調べてみました。結果的には、この宮崎県のお話とはあまり関係のない話でした。

中国の話では、唐代に魚を売る美女がいて、たくさんの求婚者の中から婿を選ぶにあたって、求婚者たちに観音経、金剛般若経、さらに法華経の暗誦を課した。この課題を見事クリアーした馬青年のもとに娘は嫁ぐが、婚礼の席で急死してしまう。のちに馬青年のもとを訪れた旅の僧が話を聞き、娘の墓を開けてみると、白骨に金の鎖が付いていた。娘は法華経を広めるために現れた観音様の化身だったというお話です。

参考までにこの説話は宋代の文献『隆興佛教編年通論』、『佛祖統紀』などに収められているそうです。
https://nirc.nanzan-u.ac.jp/nfile/2935
beniko  投稿日時 2011/10/17 5:54
正光寺という表記がグーグル地図内になくて、「正光観音御堂」という表記がありましたので、そちらにマークしました。間違っていたら再度教えて下さい、情報提供ありがとうございます。
araya  投稿日時 2011/10/17 3:59
細かい指摘をすみませんでした(^_^ゞ。

ついでに、場所も調べたところ、魚籃観音の伝説は確かに宮崎市にあるのですが、網掛観音という名で宝寿山正光寺に安置されているそうです。また、四十右衛門が観音様を引き上げた一ツ葉海岸は大淀川の北側河口の入り江にあたります。かつての宮崎シーガイアの南側にある海岸線といった方が分かりよいかも…。
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/contents/org/chiiki/seikatu/miyazaki101/shinwa_densho/057.html
また、魚籃観音研究をされてるサイト(http://riksys.web.fc2.com/jbk_gyoran/kenkyu.html)に『魚にのったかんのんさま』(西本鶏介ぶん・石倉欣二え)という本が紹介されており、これを発展させた作品として、まんが日本昔ばなしの「魚籃の観音」も紹介されてました。
beniko  投稿日時 2011/10/16 16:30
籃、ですね、訂正しました。教えてもらってありがとうございました。
araya  投稿日時 2011/10/16 4:40
私も最近まで間違えてましたが、タイトルは「魚籃の観音」ですね(^_^)。
草冠の「藍」ではなくて、竹冠の「籃」になります…。
投稿ツリー
7件表示 (全7件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

26 人のユーザが現在オンラインです。 (18 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)