情報の掲載されているページはこちらです。(本文に戻る)byまんが日本昔ばなし〜データベース〜[印刷用画面]

九重の楓(ここのえのかえで)

放送回No.1286(0813-B)
放送日1991年09月14日(平成03年09月14日)
出典岩手県
クレジット演出:若林常夫 文芸:沖島勲 美術:青木稔 作画:若林常夫
ナレーション市原悦子

あらすじ

昔ある所に、様々な骨董品、珍品を集めることを競っている庄屋と和尚がいた。

ある時、和尚が大変美しい紅葉を咲かせた楓の樹を手に入れて、それを庄屋に自慢する。あまり素晴らしい楓だったので、庄屋が何とかゆずってほしいと頼むが和尚は聞き入れない。

そこで庄屋は夜中にこっそり楓を盗んでしまう。後日庄屋は楓を和尚に自慢するが、和尚は自分の楓を盗んだのだろうと怒る。しかし庄屋は似た楓だと白を切る。

怒った和尚は禁じられた呪の法術を使い、庄屋の馬や牛を次々と殺す。そして庄屋も病気になってしまう。恐れをなした庄屋が楓を元に戻すが、やがて庄屋も死んでしまう。

そして、呪の法術を使った和尚もその反動か死んでしまった。楓は2人の憎みあいを嘆くように、枯れてしまう。

(引用/まんが日本昔ばなし大辞典)


※このページは印刷用の画面です。情報の掲載されているページは、こちらです。(本文に戻る)