トップページ >  お話データベース >  ある所 >  ノミとシラミの京参り
No.1284
のみとしらみのきょうまいり
ノミとシラミの京参り

放送回:0812-A  放送日:1991年09月07日(平成03年09月07日)
演出:しもゆきこ  文芸:沖島勲  美術:しもゆきこ  作画:大西治子
ある所 ) 5384hit
あらすじ

昔あるところにノミどんがおった。ノミどんは京に行きたくて、頭の中には京のことが浮かんでは消え、消えては浮かんでを繰り返しておった。ある日とうとう、ノミどんは京参りをすることにした。しかし一人では心もとないので、シラミどんを誘うことにした。

シラミどんは、自分は足が遅いので、京参りには行けないと誘いを断った。しかしノミどんが「決して置いてきぼりにしない」というので、シラミどんも京参りに行くこととした。

気が付くと、多くの虫の仲間たちがノミどんとシラミどんのやり取りを見ていた。ノミどんは「おらは決して、約束を破ったりしない」と仲間たちにも言った。そして多くの虫の仲間たちに見送られながら、ノミどんとシラミどんは京参りに出発した。

ノミどんがぴょんと飛ぶと、シラミどんがそれに向かって歩く。ノミどんはシラミどんが追いつくのを待って、またぴょんと飛ぶのであった。しかしなかなか進まないことに、ノミどんはイライラするようになってきた。ある日とうとうシラミどんの足の遅さに、ノミどんは癇癪を起こしてしまい、「村に帰れ」と言ってしまった。シラミどんも「おらは最初断ったのに、おまえが無理に連れだしたんではねぇか。約束が違う」と、言って大ゲンカになってしまった。

しかたがないので、奉行所にて二人はお裁きを受けることになった。お奉行様はノミどんに対して、「約束を破るのはよくない。シラミどんを京まで連れて行くように」という裁きを下した。シラミどんは大喜びしたが、ノミどんは面白くない。ノミどんはシラミどんの上に乗っかり気絶させると、そのまま京へ一人で向かってしまった。シラミどんは体がひらべったくなってしまい、やっとの思いで村へ帰って行った。

それからしばらく経って、ノミどんは京みやげを下げて、京から帰ってきた。しかし、そこには約束を破ったノミどんを厳しい目で見つめる虫の仲間たちがいた。あまりの恥ずかしさにノミどんは体中が赤くなってしまった。この時からノミは体が赤くなり、シラミは体がひらべったくなってしまったということである。

(投稿者:カケス 投稿日時 2014/11/6 22:26) 


ナレーション常田富士男
出典(表記なし)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価10.0000 10.00 (投票数 1) ⇒投票する
※掲載情報は 2014/11/7 11:16 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 68  件):   <前  1 ..  57  58  59  60  61  62  63  .. 68  次>  
コメント一覧
1件表示 (全1件)
カケス  投稿日時 2014/11/6 22:38
このお話を見ていると、京都に行きたくなりますね。ノミどんの気持ちがよくわかります。
「そうだ京都、行こう」と、思わず言ってしまいます。
この二人を新幹線に乗せることができれば、こんなケンカは起こらなかったかもしれませんね。
(昔ばなしの時代に、新幹線などあるわけありませんが・・・)
ノミどんがシラミどんに買ってきたおみやげは何?「生八つ橋?」と思ってしまいましたが、
この時代には「生八つ橋」もなかったことでしょう。細かいことですが、ちょっと気になります。
何となくどこかへ行きたくなるようなお話です。
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

38 人のユーザが現在オンラインです。 (29 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)