トップページ >  お話データベース >  関東地方 >  群馬県 >  鬼からもらった力
No.0125
おにからもらったちから
鬼からもらった力

放送回:0077-A  放送日:1977年03月26日(昭和52年03月26日)
演出:久米工  文芸:沖島勲  美術:サキスタジオ  作画:シンエイ動画
群馬県 ) 8974hit
あらすじ

昔、山奥の村の小さな寺に、おのぶという少女がいた。

おのぶが七歳の頃、いつものようにおのぶは山で薪を拾っていたが、夜でもないのに急に辺りが暗くなった。おのぶが気味悪がっていると闇の中から、一匹の鬼が姿を現した。鬼はおのぶに脅しをかけるが、おのぶの方は怖がる様子は少しも見せなかった。

そんなおのぶの態度に鬼は感心し、「わしの持っているこの力をくれてやろう」と言って、握り拳をおのぶの前に出した。おのぶが両手で握り拳を握ると、鬼の力がおのぶに伝わり背丈は伸び、両腕は太くなり力こぶが出来ていた。

この出来事をさかいに、おのぶは百人力になりました。おのぶは、大きくて重たい洗濯石を軽々と持ち上げられるようになった。

ある日のこと、おのぶが川で洗濯をしていると、彼女の噂を聞きつけたひとりの侍が「力比べをしないか」と言ってきた。おのぶは「この洗濯石を持ち上げておくれ」と言ったが、侍は洗濯石を持ち上げられなかった。

今度は侍が「洗濯物を絞る勝負をしよう」と言うので、侍が大きな布を力一杯絞るが、絞りきることは出来なかった。対するおのぶは、あっという間に布を絞り切り、水は一滴も出なくなった。

しかしこの侍は、実は山賊の親分だったため、数日後仲間を引き連れ、おのぶのところに仕返しにやってきた。おのぶは山賊めがけて薪を投げつけて、山賊たちを撃退した。

この出来事のおかげで、おのぶの事はますます有名になった。その後も、大きな洗濯石を担いで洗濯をしたりと寺で働き続けた。おのぶがいた寺には、今でも大きな洗濯石が残っていて、大人が三~四人がかりでも持ちあげることは出来ないそうだ。

(投稿者: Kotono Rena 投稿日時 2013-9-9 21:36)


ナレーション常田富士男
出典おのちゅうこう(未来社刊)より
出典詳細上州の民話 第一集(日本の民話20),小野忠孝,未来社,1959年06月30日,原題「鬼から貰った力」,採録地「利根郡」,話者「鶴淵螢光」
場所について清岸院
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:清岸院
追加情報
このお話の評価8.0000 8.00 (投票数 5) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/9/9 23:17 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 21  件):   <前  1  2  3  4  5  6  7  .. 21  次>  
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

36 人のユーザが現在オンラインです。 (25 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)