No.0122
へびにょうぼう
へび女房
高ヒット
放送回:0075-A  放送日:1977年03月12日(昭和52年03月12日)
演出:藤本四郎  文芸:沖島勲  美術:下道一範  作画:上口照人
ある所 ) 21256hit
あらすじ

男が山で女に出会う、その女は悲しそうで何か分けありのようだ。

男は女を家へ連れて帰って夫婦になる。 二人の間に子供ができたのだが、女は外に小屋を作ってもらい、そこに移り住みお産が終わるまで決して覗かないでくれと言う。男は承諾したのだが、小屋から赤ん坊の声が聞こえたときに、嬉しさのあまり小屋の中を覗いてしまった。

しかし、男が見たものは、生まれたばかりの赤ん坊を抱えながらとぐろをまく白い大蛇だった。 女の姿になった大蛇は、もう男とも子どもとも一緒には暮らせないと言う。女は自分の片方の目を取り出し、子どもにこれをしゃぶらせて育ててくれと言いその場を立ち去る。

男は女に言われたとおり目玉をしゃぶらせながら子どもを育てる。 しかし、目玉はだんだん小さくなっていきついには無くなってしまった。 男は泣く子どもの為女を捜しに行く。

山の奥深くの湖まで来たときに大蛇を見つけ、目玉がなくなったことを告げると、大蛇はもう一つの目玉を男に差し出した。大蛇は、これで目が見えなくなってしまうので、朝と晩に鐘を鳴らしてくれるように男に頼む。

男は約束を守り朝と晩に鐘を鳴らすことにするのだった。子どもは、少し成長すると大蛇のすむ湖に行き「おっかー」と呼んでみたが、 大蛇が姿を見せることは一度も無かった。

(引用/まんが日本昔ばなし大辞典)


ナレーション市原悦子
出典(表記なし)
VHS情報VHS-BOX第6集(VHS第56巻)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報サラ文庫まんが日本昔ばなし第18巻-第088話(発刊日:1977年8月20日)/講談社テレビ名作えほん第024巻(発刊日:1978年3月)
サラ文庫の絵本より絵本巻頭の解説には地名の明記はない
講談社の300より書籍には地名の明記はない
このお話の評価9.5000 9.50 (投票数 6) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/2/11 22:30 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 68  件):   <前  1 ..  8  9  10  11  12  13  14  .. 68  次>  
コメント一覧
1件表示 (全1件)
ゲスト  投稿日時 2015/9/28 20:31
蛇女房のお話は色々ありますが、世間の認知度としては昔ばなしバージョンよりもハードな奴が上かな?
蛇が正体を知られ、子供を残して去っていくところまでは同じだけど

・蛇の目玉が無くなったのはしゃぶってなくなったのではなく、目玉の噂を聞いた殿様が無理やり奪い取ったため
・残りの目を渡したあと鐘を鳴らしてほしいと願う所は同じ
・バージョンによってはその残りの目玉すら殿様にとられ、
 怒り狂った母蛇が夫と子をを安全な地に逃がした後三日三晩嵐を呼んで荒れ狂い、村ごと殿様の城を洪水に飲み込むオチがある
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

42 人のユーザが現在オンラインです。 (35 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)