No.1190
したきりすずめ
舌切り雀
高ヒット
放送回:0751-A  放送日:1990年06月02日(平成02年06月02日)
演出:児玉喬夫  文芸:沖島勲  美術:渡辺由美  作画:上口照人
石川県 ) 28341hit
あらすじ

昔、山あいの一軒家に、おじいさんとおばあさんが住んでおりました。

ある日、畑からの帰り道、おじいさんは怪我をした子雀を見つけてかいがいしく手当をしました。おじいさんは子雀に「ちゅん子」と名前をつけて大変かわいがりましたので、おばあさんは面白くありませんでした。

ある日、お腹がすいていたちゅん子は、おばあさんが作った洗濯のりを食べてしまいました。それに怒ったおばあさんは、ちゅん子の舌をハサミでチョン切ってしまいました。これを知ったおじいさんは、ちゅん子が可哀そうになって逃げだしたちゅん子を探しに出かけました。

雀のお宿に辿り着いたおじいさんは、すっかり回復していたちゅん子から大歓迎されました。翌朝、おじいさんが家に帰ろうとすると、雀は大きいつづらと小さいつづらを出し、どちらか好きな方を持って帰るように言いました。おじいさんは、持って帰るのに楽な、小さいつづらを持って帰りました。

家に帰ってつづらを開けてみると、中には大判小判の宝物が沢山入っていました。欲を出したおばあさんは大きいつづらも手に入れようと、雀のお宿に向かいました。おばあさんはちゅん子の歓迎はそっちのけで、早く大きなつづらを出すよう催促しました。

さっさと雀のお宿をあとにしたおばあさんは、背負ったつづらの中身が気になって、帰り道の途中で開けてみました。すると、中からうじゃうじゃとお化けがでてきて、ばあさんはやっとのことで逃げ帰りました。

(紅子 2011-10-8 23:17)


ナレーション市原悦子
出典(表記なし)
備考出典元不明ですが、初期版のリメイク版である点をふまえ「石川県」としています。
DVD情報DVD-BOX第1集(DVD第4巻)
VHS情報VHS-BOX第2集(VHS第19巻)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価7.0000 7.00 (投票数 3) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/10/8 23:17 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 27  件):   <前  1 ..  17  18  19  20  21  22  23  .. 27  次>  
コメント一覧
1件表示 (全11件)
beniko  投稿日時 2013/5/26 23:10
舌切り雀(No.0004)は、講談社のデラックス版絵本に「東北地方のお話」と明記がありました。
よって、このリメイク版の舌切り雀(No.1190)も同じ東北地方に分類することにします。
※舌切り雀は、日本全国のあちこちに類話や同名のお話が伝承されています。あくまでアニメ上の分類として東北地方としています。
投稿ツリー
1件表示 (全11件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

43 人のユーザが現在オンラインです。 (25 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)