トップページ >  お話データベース >  中部地方 >  岐阜県 >  花咲か爺さん
No.1171
はなさかじいさん
花咲か爺さん
高ヒット
放送回:0739-A  放送日:1990年03月03日(平成02年03月03日)
演出:森川信英  文芸:沖島勲  美術:安藤ひろみ  作画:森川信英
岐阜県 ) 20660hit
あらすじ

昔、ある所に正直なお爺さんとお婆さんが住んでいました。ある寒い日、川で凍え死にそうな子犬を拾い、「シロ」と名付けて我が子のようにかわいがりました。

ある日シロが、お爺さんとお婆さんを裏の畑に連れ出し「ここ掘れワンワン」と吠えました。そこでお爺さんがシロの足元を掘ってみると、大判小判がざっくざっくと出てきました。それを知った隣の意地悪爺さんと婆さんが、嫌がるシロを裏の畑に連れ出して真似して掘ってみましたが、お宝どころか沢山のお化けが出てきました。怒った意地悪爺さんと婆さんは、シロを殺してしまいました。

正直爺さんと婆さんは、泣きながらシロのお墓を作り、一本の枝をさして弔いました。するとその枝は、あっという間に大きな木に成長し、お爺さんはその木で臼(うす)を作ってお餅をついてあげました。不思議な事にその餅は、大判小判に変わりました。隣の意地悪爺さんと婆さんも、その臼を借りて餅をついてみましたが、全部が石ころに変わりました。怒った意地悪爺さんと婆さんは、シロの臼をたたき割り風呂の焚き木にして燃やしてしまいました。

悲しみに暮れた正直爺さんと婆さんは、泣きながら燃えカスの灰を持って帰りました。灰が風に飛ばされ木に降りかかると、きれいな桜の花が咲きました。たまたま通りかかった殿様が、桜の美しさに大喜びし褒美を取らせようとすると、そこへ意地悪爺さんと婆さんが乱入してきました。殿様のご褒美を横取りしようと、真似して囲炉裏(いろり)の灰をぶちまけると、花が咲くどころか殿様が灰まみれになってしまいました。

意地悪爺さんと婆さんは、怒った殿様に逮捕されましたが、正直爺さんと婆さんに免じて許してもらいました。そうして隣の意地悪爺さんと婆さんは、シロに可哀そうな事をしたと深く反省し謝りました。

この村はシロの咲かせた桜の花のおかげで、どこよりも早く春がやってきたそうです。

(紅子 2011-10-12 23:48)


ナレーション市原悦子
出典(表記なし)
備考出典元不明ですが、初期版のリメイク版である点をふまえ「岐阜」としています。
DVD情報DVD-BOX第1集(DVD第2巻)
VHS情報VHS-BOX第1集(VHS第1巻)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価7.0000 7.00 (投票数 5) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/10/12 23:48 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 47  件):   <前  1 ..  35  36  37  38  39  40  41  .. 47  次>  
コメント一覧
10件表示 (全14件)
ゲスト  投稿日時 2015/10/28 22:33
意地悪爺さんと婆さんは殿様に逮捕されて正直者の二人に謝る前は絶対殿様から鞭打ちされてるどろうね。
ゲスト  投稿日時 2015/4/4 2:51
自分が知っている話しより(怒らせたまま)、優しいエンドで(許される)なごみました。
でもやっぱりシロがかわいそうです。
リクート  投稿日時 2014/4/3 14:06
シロがとても可愛かったです。その後の意地悪爺さんが臼と杵を風呂の焚き木にしてその爺さんと婆さんが風呂に入った時に正直者の爺さん婆さんがそこへやって来て、臼と杵を薪にされたことを知った二人が怒って入浴中の二人にむかって水の入った桶をぶっ掛けるシーンが面白かったです。
beniko  投稿日時 2013/5/26 22:52
そうですね、花咲か爺さん(No.0021)は、講談社の絵本に「岐阜のお話」と明記がありました。
リメイク版もほぼ内容はおなじですので、岐阜に分類いたします。
山本寛子  投稿日時 2013/5/26 22:29
 こんばんわ、寛子です。紅子さん、このリメイク版の花咲か爺さんも、旧版同様岐阜県の昔話ですよ。
マニアック  投稿日時 2011/10/6 20:35
悲しい報告があります。しばらくぶりに、tbsチャンネルに再放送の問い合わせをしましたが、相変わらず返事は「放送予定はありません。」でした。理由を聞いたところ「極めて放送困難な番組で、地上波の再放送終了以来、権利元さんからの許可が、取れていない。」とのことでした。これは、独断ですが、もうリメイク前の旧作や、77年~79年頃の作品をテレビで見ることは不可能ではないかと、思います。非常に無念ですが、ひとまず「初期作品よ永遠に・・・」といったところです。これからは、このホームページと80年代頃を中心とした、dvdで楽しみたいと思います。
beniko  投稿日時 2011/10/2 17:34
昭和世代の紅子です。
紅子の小さい頃でも、全員がみんなまんが日本むかしばなしのファンであったわけでもないし、クラスメイト皆が肯定的にとらえていた感じではなかったです。

昭和だろうと平成だろうと、いつの時代でもそれは関係ないと思います。子供にもとらえ方は様々あるだろうし、子供だからこそ逆に茶化すことを言ったりする傾向もあると思います。(それが子供らしい反応)

別に平成時代のものをバカにするわけじゃないし否定しているつもりはないです。ただただ、私の記憶と比較してがっかりしている、というだけです。

ふと考え直すと紅子も子供の頃のほうが、もっと素直に喜んで見ていたと思います。あいすいません。
十畳  投稿日時 2011/10/2 7:03
平成世代代表、十畳です。

実は、初めて見た「昔ばなし」が、このリメイク版の「花咲か爺さん」なんですよ。学校にビデオがあって、給食の時間に流れていて。
(そのため初めてみたのはほとんどリメイク版)
なので馴染みがあるのもリメイク版だし、そのリメイク版を見てクラス中が爆笑していました。(特に「三枚のお札」なんか凄かったですね)

ただそれからしばらく経って、
絵本を読んだり、動画サイトで旧作と見比べると、
やっぱり意味合いが違ってくる話がある。
「分福茶釜」なんてその極みですね。
どう考えても、旧作の方がしっくり来る。(初見はリメイクでしたが)
「浦島太郎」なんかも、リメイクはひねり過ぎっていうか。
「カチカチ山」も、最後はあれでいいのか?って。

時代に合わせるとこうなってしまうのでしょうかね。
旧作の方が良いな、と思う話ばかりですね。
「桃太郎」とか、本気で旧作がDVDになって欲しかったです。

なのでまとめると、
確かに馴染みがあるのはリメイク版だけど、
お話的にしっくり来るのは旧作、というのが十畳の心境です。


別件ですが、時代が時代なだけに、
学校で流れていたとき、絵柄が変だの、話やリアクションがありえないだの、否定的にしか見れない(馬鹿にしかできない)クラスメートには、
がっかりさせられていました。
昔ばなしを、あれだけ多彩な絵と、美しい音楽で表現しているところに、
十畳は惚れ込んだのですが・・・。
怖い話でも流れれば、みんな印象変わってたかな~。
「イワナの怪」くらいしかなかったもんな。

今の子供には、受け入れてもらえないのかな。
DVDが出て、子供に見せてる親がたくさんいらっしゃるようですが、
その子供たちが大きくなったら、この番組をどう思うかが、
興味ありますね。
ウッドさん  投稿日時 2011/10/1 22:08
tbsチャンネルへの再放送のリクエストしておきました!(^_<)b
でもTBS側は「まんが日本昔ばなし」をどのように考えているのでしょうか?
公式サイトのお便りコーナーでも再放送の要望は高いのに、お便りコーナーの書き込みは8月23日以降更新されていないし…。(放置している?!)
TBS側はどういう気持ちなんでしょうか?
beniko  投稿日時 2011/10/1 21:43
同感です。昭和世代だけが、疑問や不満を持っているのでしょうかねぇ。あの陽気すぎる茶釜タヌキにはちょっとガッカリだったわい。

カチカチ山もリメイク版の方が、やわらかい仕上がりですよね。でも紅子的には、初版もリメイク版も出てこない、ばあさん汁(婆汁)の描写をアニメで見てみたかった。。。。

もひとつ言いたい怒りのリメイク版があります。どうしても言いたいのは、さるかに合戦です。母蟹は柿をぶつけられた事で死んじゃうハズなのに、リメイク版では生きている。それにより、子ガニが出てこなくなっているなんて、変だ。
投稿ツリー
10件表示 (全14件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

43 人のユーザが現在オンラインです。 (24 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)