情報の掲載されているページはこちらです。(本文に戻る)byまんが日本昔ばなし〜データベース〜[印刷用画面]

椎の木のうろ(しいのきのうろ)

放送回No.1170(0738-A)
放送日1990年02月24日(平成02年02月24日)
出典清酒時男(未来社刊)より
クレジット演出:辻伸一 文芸:沖島勲 美術:阿部幸次 作画:辻伸一
ナレーション常田富士男

椎の木が怒ってポルターガイストを引き起こす話

昔、石川県の高座(こうざ)のお宮に、大きなうろ(穴)のある椎の木がありました。

ある日、この村の地主の喜平さんの屋敷に、どこからか小石が飛んでくるようになりました。この投石は毎晩続き、そのうち屋敷のあちこちで昼夜問わず、謎のポルターガイスト現象が起こるようになりました。

この超常現象にすっかり恐ろしくなった喜平は、村の世話役の半助さんに相談してみました。半助さんが「小石で誰かを困らせたりしてないか?」と聞くと、子守女中はハッと思い出しました。この子守女中はぐずる子供を喜ばせるため、いつも椎の木のうろの中に小石を投げ込んで遊んでいたのです。

沢山の小石を詰められて困った椎の木が、村の権力者である喜平さんに悪さをしたのでしょう。子守女中は、椎の木にたくさん詰まった小石をきれいに取り除き、深く謝りました。

(紅子 2011-12-4 20:00)


地図:石川県の高座(地図は適当)

※このページは印刷用の画面です。情報の掲載されているページは、こちらです。(本文に戻る)