お話タイトル検索

※検索のヒントについて
現地関連情報
原作調査 facebook
Twitter

オンライン状況

19 人のユーザが現在オンラインです。 (12 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント20件)

トップページ >  お話データベース >  中部地方 >  北陸地方 >  新潟県 >  さるかに合戦
No.1168
さるかにがっせん
さるかに合戦 高ヒット
放送回:0737-A  放送日:1990年02月17日(平成02年02月17日)
演出:芝山努  文芸:沖島勲  美術:門野真理子  作画:海谷敏久
新潟県 ) 33342hit
蟹は死なないバージョンのサルカニ合戦です

むかしむかしあるところに、猿と蟹(かに)がおりました。

ある日、二人で散歩していると、蟹がおいしそうなおにぎりを、猿は柿の種を拾いました。猿は「おにぎりと交換してあげよう」と言い、断る蟹から無理やりおにぎりを奪い、代わりに自分の柿の種を投げよこしました。

蟹は仕方なく柿の種を自宅に持ち帰り、さっそく柿の種をまきました。蟹が歌えば、あっという間に柿の種がぐんぐん成長して、美味しそうな赤い柿がたくさん実りました。

再び現れた猿が、木に登れない蟹の代わりに柿を取ってきてやる、といいさっさと柿の木に登り、美味しそうな柿をむしゃむしゃ食べ始めました。木の下で待っている蟹には、青くて固い柿の実をぶつけ、おかげで蟹は体中傷だらけになってしまいました。

家でウンウンうなって寝込んでいた蟹のために、蜂(はち)どん、臼(うす)どん、栗(くり)どん、牛の糞(ふん)どん、が猿をこらしめてやることにしました。彼らは、猿の留守中に自宅に忍び込み、隠れて猿の帰りを待ちました。

猿が戻ってくると、囲炉裏の栗がはじけ、水がめから飛び出した蜂が刺し、糞で滑って転ばせ、屋根から落ちてきた臼につぶされて、猿は命からがら逃げて行きました。

(紅子 2011-2-22 16:01)


ナレーション常田富士男
出典(表記なし)
備考出典元不明ですが、初期版のリメイク版である点をふまえ「新潟」としています。
DVD情報DVD-BOX第1集(DVD第3巻)
VHS情報VHS-BOX第1集(VHS第2巻)
携帯で見るURLを携帯に送る
追加情報
このお話の評価7.7500 7.75 (投票数 4) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/2/22 16:01 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 78  件):   <前  1 ..  54  55  56  57  58  59  60  .. 78  次>  
コメント一覧
2件表示 (全2件)
はるちゃん7  投稿日時 2013/6/11 11:45
「子供が見る」というのが大前提ですから、この頃から登場人物が死ぬといった表現が自主規制されていった。おかげで物語は歪曲して伝えられてしまいい全く違った話になってしまう。
こうしてオブラートに包まれた物語のメッセージが伝わらなくなる。
坊や  投稿日時 2011/2/28 12:19 | 最終変更
サルの言動、顔つきも大変いじわる。
でも世の中には、こういった輩はたくさんいるので、かたき討ちは無意味にも思う。
このお話では、カニは柿をぶつけられても死なない。
投稿ツリー
2件表示 (全2件)
新しくコメントをつける

題名:
ゲスト名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。