トップページ >  お話データベース >  東北地方 >  馬方とタヌキ
No.0115
うまかたとたぬき
馬方とタヌキ

放送回:0070-A  放送日:1977年02月05日(昭和52年02月05日)
演出:樋口雅一  文芸:沖島勲  美術:山守啓陽  作画:上口照人
東北地方 ) 18014hit
あらすじ

ある日一人の馬方が、子供たちに虐められている小さなタヌキを見つけました。馬方は子供たちに小遣いをあげて子ダヌキを買い取ると、縄をほどいて逃がしてあげました。

その日の真夜中、子ダヌキとその父ダヌキが馬方の家にやってきて、助けてもらったお礼がしたいと言って子ダヌキを置いていきました。翌日からその子ダヌキはくるくるとよく働いて馬方のお世話をしたので、最初はしぶしぶだった馬方も子ダヌキが気に入ってしまいました。

そんなある日、馬方のところへ借金取りの吉田屋がやってきました。どうしても今日中に利息込みで一両の金を返してもらう、それが無理なら馬をもらっていく、と言うので馬方さんは途方にくれました。子ダヌキは困っている馬方のために小判に化け、吉田屋の巾着袋の中に入って行ってしまいました。

その夜、子ダヌキの事が心配で心配で眠れなかった馬方のところに、傷だらけになった子ダヌキが逃げ帰ってきました。吉田屋からかじられたり犬に追いかけられたりと、さんざんな目にあった小ダヌキに、馬方は涙を流して感謝しました。そして、この優しい子ダヌキを明日には父ダヌキの元へ返してあげようと思い、二人で同じ布団に入り眠りにつきました。

(紅子 2011-11-9 0:49)


ナレーション市原悦子
出典(表記なし)
出典詳細元ネタは落語「権兵衛狸」、とのこと、萬雅堂さん
DVD情報DVD-BOX第2集(DVD第8巻)
VHS情報VHS-BOX第2集(VHS第12巻)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報サラ文庫まんが日本昔ばなし第20巻-第096話(発刊日:1977年10月20日)/童音社BOX絵本_第53巻(発刊日不明:1970~1980年頃)/講談社テレビ名作えほん第026巻(発刊日:1978年4月)
サラ文庫の絵本より絵本巻頭の解説には地名の明記はない
童音社の絵本より絵本巻頭の解説(民話研究家 萩坂昇)によると「東北地方の昔ばなし」
講談社の300より書籍には地名の明記はない
このお話の評価9.1944 9.19 (投票数 36) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/11/9 0:49 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 29  件):   <前  1 ..  10  11  12  13  14  15  16  .. 29  次>  
コメント一覧
10件表示 (全11件)
りん  投稿日時 2016/7/30 0:23
この話をネットで検索すると見た方々の感想がどれも子狸が健気で可愛いと評判なのを知り、是非見たいのですが未だに見れてません…(涙)
ゲスト  投稿日時 2015/11/1 19:01
=たぬきの恩返し=題名「たぬき」江戸落語
http://www.niji.or.jp/home/dingo/rakugo2/tanuki.html
熊五郎親方と子だぬきのお話です。
ゲスト  投稿日時 2015/10/22 18:38
小さい頃のお気に入りのお話でした。
タヌキ、かわいすぎ。
ゲスト  投稿日時 2015/10/21 11:12
yassan様、お手数おかけしました。本当にありがとうございました。
web上は同じお話をなかなか見つけられないものですね。
落語も拝見しましたが、まんが日本昔ばなしとは少し違うようですね。
この作品は、絵本になっていたりして、多くの人達に愛されているのが解りました。
私も特に大好きな作品となりました。
こちらのページに依って初めて可愛らしい子狸にあえ感謝しています。
yassan  投稿日時 2015/10/20 19:40
結論から申し上げますと、全く違うお話です。

「馬方と化けだぬき」は福井県武生市に伝わる話で、内容としては「にせ本尊」と「カチカチ山」が合わさったような話です。

-馬方の母親に化け、さんざん馬方をたぶらかした化け狸がいた。業を煮やした馬方は、狸をとっちめようと、馬に狸を縛り付けて家に帰る。ところが家に着くと狸は逃げ出し、仏壇の中に入って阿弥陀像に化ける。馬方が「こっちの阿弥陀さんは右手を上げてござる」と言うと、狸はあわてて左手を上げた。

正体がバレてまたも狸は逃げ出し、今度はお婆さんに化ける。そして本当のお婆さんを殺して、それを料理してタヌキ汁だと偽って馬方に食べさせる。
またも騙されたと知った馬方は、狸を半殺しにする。

以上のような内容です。
ゲスト  投稿日時 2015/10/20 16:43
書籍名 若狭・越前の民話 第一集(日本の民話44福井)
編著名 杉原丈夫、石崎直義
出版社 未来社(ほるぷ版だと第12巻)
発刊日 1968年04月30日
管理番号 mrnm44

若狭・越前の民話 杉原丈夫・石崎直義 昭和四十二年 嶺北地方
馬方と化けだぬき

上記の本の内容を確認頂けますと幸いです。
同じ内容でしょうか?
ゲスト  投稿日時 2015/10/20 15:48
胸が暖かくなる、いい話だなー。子狸可愛いですね。
馬方さん、その後は借金作らなくなったかな?
ゲスト  投稿日時 2015/1/8 22:19
この絵本セット持ってました、すごく懐かしいです。
大人になって改めて読み返すと子だぬきの健気さにホロッとさせられますね。
ゲスト  投稿日時 2014/11/18 3:44
まんが日本昔話の中でも、
かなりの名作だぞコレ。
ゲスト  投稿日時 2014/4/1 9:15
親方~ もうかわいすぎる うちにも欲しいね
投稿ツリー
10件表示 (全11件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

31 人のユーザが現在オンラインです。 (23 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)