情報の掲載されているページはこちらです。(本文に戻る)byまんが日本昔ばなし〜データベース〜[印刷用画面]

死神(しにがみ)

放送回No.1139(0719-A)
放送日1989年10月07日(平成01年10月07日)
クレジット演出:吉良敬三 文芸:沖島勲 美術:落合由美子 作画:木村光宏
ナレーション市原悦子

あらすじ

ある男が夜道を歩いていると、前から白い服を着た変な者がやって来た。

男は不思議に思ってお前は 誰だと聞くと白い者は「死神だ」と答えた。死神は男に「俺が病人の尻の方に座るとその病人は死ぬ、だが頭の方に座るとその病人はすぐ治る。だからお前 明日から医者になれ」と言って、男に呪文を教えるとすっと消えてしまった。

という訳でこの男、次の日から偽医者になってしまった。そしてある日ある金持ちの旦那が病気だと言うので診察に行った。部屋を見回すと死神が病人の尻の方に座っているのを見付け、もう助からないと男は首を横に振った。

家の者は慌てて「先生、うちの人を助けてくれたら千両差し上げます!」と言った。千両と言ったら一生暮らせる金。男は思案すると、家の者を廊下に集め「病人の布団を持ち上げて頭と尻を逆にすれば助かる」と教えた。 家の者は言われた通り布団を持ち上げ、頭と尻を入れ替えた。

すると旦那はたちまち元気なり、男はまんまと千両という大金を手に入れた。だがこれに怒った死神は「決り事を破ったからには死んでもらう」といきまいた。死神は、無数のろうそくが並んだ場所に男を連れて行った。死神は「これは寿命のろうそくだ。このろうそくが燃え尽きた時人間の一生が終る」と教え、男のろうそくを取り出した。そのろうそくは今にも燃え尽きそうに小さくなっていた。

死神は、ちょうちんのろうそくを取り出し、死にたくなければこれをつぎ足せと言った。男は震える手でろうそくをつぎ足そうとしたが、その時一陣の風が吹いてろうそくの火が消えてしまった。その途端、男は死んでしまった。

(引用/まんが日本昔ばなし大辞典)


※このページは印刷用の画面です。情報の掲載されているページは、こちらです。(本文に戻る)