トップページ >  お話データベース >  東北地方 >  福島県 >  ねずみの伊勢参り
No.1124
ねずみのいせまいり
ねずみの伊勢参り

放送回:0709-A  放送日:1989年07月29日(平成01年07月29日)
演出:やすみ哲夫  文芸:沖島勲  美術:やすみ哲夫  作画:片岡惠美子
福島県 ) 6011hit
あらすじ

昔々、ある山の中に小さなねずみの村があった。

ある時のこと、山の上から大きな石が転がり落ちてきて畑を潰してしまった。それ以来、作物の出来が悪くなり、村はどんどん貧しくなり働く気力も失せていった。

これではいけないと思った村長のチュウサクは、毎日毎日、村外れの神様の所に行って願掛けをするのだった。

そんなある日のこと。社から神様が姿を現し、チュウサクにこう伝えた。「村の者をみんな連れてお伊勢参りをするとよい。どんぶら入ってうっきっき、尻尾にかぶつきちゅーちゅーちゅー。この唱え言葉を忘れないように」

この事をチュウサクから聞いた村の者たちは、早速お伊勢参りへ出かけた。出発して幾日か経ったある日のこと。これまで見たことのない大きな川に出くわした。チュウサクたちは川を渡ろうとしたが、川の流は速く、途中で流れに呑まれ溺れかけた。その時、チュウサクは神様から教わった唱え言葉を思い出した。そして、唱え言葉の通りお互いの尻尾をくわえて泳げば、一見渡れそうにない思われた川も、難なく泳ぎ渡ることが出来た。

こうして全員無事にお伊勢様にたどり着くと、チュウサクたちは、あの大きな石をどかしてほしいとお祈りした。すると、お伊勢さんの神様が姿を現し、「今すぐ田舎へ帰れ、あの唱え言葉を忘れるな」と言って、チュウサクたちを追い返してしまった。

チュウサクたちは、がっかりして帰路に就いた。そして来る時に渡った川まで戻れば、川は雨で水嵩が増している。さらに、草むらから猫とアオダイショウが姿を現し、チュウサクたちに襲いかかろうとしていたのだ。

進退窮まったチュウサクたちは、一か八かで川に飛び込んだ。そして互いの尻尾をくわえ、あの唱え言葉を唱えながら、必死で泳いだ。そして一匹も欠けることなく、川の反対側へ泳ぎ渡った。

この時、チュウサクたちは、皆で力を合わせて川を渡ることが出来たのだから、あの石もどかせるのではと考えた。

そこでチュウサクたちは村に戻り、皆で力を合わせて石を押した。すると皆の執念が通じ、石は谷底へ転がり落ちていった。

それ以来、ねずみたちは辛いことがあると、あの唱え言葉を唱えて精を出して働いた。そうこうしているうちに少しずつではあるが、暮らし向きが良くなったそうだ。

(投稿者:Kotono Rena 投稿日時 2014/12/7 20:16) 


ナレーション市原悦子
出典福島県
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価7.7500 7.75 (投票数 4) ⇒投票する
※掲載情報は 2014/12/8 9:45 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 47  件):   <前  1 ..  33  34  35  36  37  38  39  .. 47  次>  
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

53 人のユーザが現在オンラインです。 (42 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)