トップページ >  お話データベース >  要調査 >  姫淵のうた
No.0112
ひめぶちのうた
姫淵のうた

放送回:0068-A  放送日:1977年01月22日(昭和52年01月22日)
演出:漉田実  文芸:漉田実  美術:漉田実  作画:漉田実
要調査 ) 6566hit
あらすじ

乱世に生きる(松谷みよ子,1973年2年10日)に、同タイトル名のお話があり「このお話かもしれない」ということであらすじを書いてみます。

信州の木曽川に沿って、敵に追われていた姫が上流へと歩いていた。

途中の部落に助けを求めると、かかわり合いたくない村人たちは姫に手を差し伸べなかった。父上も敵に殺され、一人ぼっちで寂しく疲れ果てフラフラになりながらさらに上流に進むも、途中でつっぷしてしまった。

その時、高倉の爺さまが姫を背負って自宅まで連れて行ってくれた。あったかいお粥と村娘の着物を与えて休ませた。姫は、途中で聞いた田植え唄を爺さまに教えてもらい、自分ものどかな山里で田植えをして暮らせるなら、、、と思った。

しかし、爺さまの家の近くにまで執拗な追っ手が迫り、やむなく爺さまは姫に焼き飯を持たせ、さらに峠を越えて逃げるように姫に言って旅立たせた。

姫はどうにか岩倉峠を越える事ができたが、とうとう追っ手に追いつかれた。穏やかに暮らしたかったうら若き姫は、絶望の涙を流しながら田植え唄を歌いつつ田植えの真似をした。そして、碧色に透き通った淵に身を投げた。

(紅子 2012-5-2 19:38)


ナレーション未見のため不明
出典クレジット不明
出典詳細乱世に生きる(日本の民話08),松谷みよ子,角川書店,1973年2年10日,原題「姫淵の歌」,伝承地「長野県」※かもしれない
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価8.0000 8.00 (投票数 1) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/5/2 19:38 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 95  件):   <前  1 ..  5  6  7  8  9  10  11  .. 95  次>  
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

45 人のユーザが現在オンラインです。 (36 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)