No.1115
むすめづる
むすめづる

放送回:0703-B  放送日:1989年06月17日(平成01年06月17日)
演出:馬郡美保子  文芸:沖島勲  美術:馬郡美保子  作画:大西治子
和歌山県 ) 5514hit
あらすじ

村はずれの沼近くに貧しいながらも猟師の父娘が仲良く暮らしていた。

見かけぬ男が何度もやって来て沼の鶴を狩れば金になるとそそのかすが、領主に知られればお咎めを受ける事になると親娘は聞き流していた。

そんなある日、娘おたえの縁談がまとまるものの、折からの豪雪続きで親娘の生活はますます貧窮し、娘の婚儀の支度金欲しさに猟師は鶴の密猟に手を出してしまう。

何も知らずに父に買い与えられた白い反物で喜んで花嫁衣装を縫うおたえだったが、ある晩父の所業を知り、自分は何もいらないからどうか鶴を撃たないでくれと懇願する。しかし欲にかられた猟師はいつまでも鶴猟をやめない。

どうしても父を止める事ができぬと悟ったおたえはひとしきり泣いた後、決心したように花嫁衣装に着替え、父の出かけた狩場の沼地へと後を追う。

猟師は沼地でまたもや白い鶴を撃つが、そこに倒れているのは白い花嫁衣装の娘だった。猟師は亡骸の前で泣き崩れ、その沼に鶴が訪れる事もなくなった。

(投稿者: ひかる 投稿日時 2012-1-25 18:56 )


ナレーション常田富士男
出典和歌山の伝説(日本標準刊)より
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価7.6667 7.67 (投票数 3) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/1/25 22:12 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 22  件):   <前  1 ..  15  16  17  18  19  20  21  22  次>  
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

19 人のユーザが現在オンラインです。 (13 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)