トップページ >  お話データベース >  東北地方 >  宮城県 >  ぶよの一時三年
No.1112
ぶよのいっときさんねん
ぶよの一時三年

放送回:0701-B  放送日:1989年06月03日(平成01年06月03日)
演出:しもゆきこ  文芸:沖島勲  美術:しもゆきこ  作画:大西治子
宮城県 ) 7153hit
あらすじ

昔々、仙台は宮城野の山奥に太一(たいち)と与茂吉(よもきち)という二人の木こりが住んでいた。

ある夏の日、いつものように与茂吉は太一と一緒に仕事をしていた。ところがこの日、与茂吉は竹筒に水を入れてくるのを忘れたので、下の沢に水を汲みに降りて行く。

沢の水を手ですくって飲んでいると、与茂吉の顔のまわりにぶよが飛んできた。
与茂吉がぶよを手で払おうとすると、なにやら川上から流れてくる物がある。与茂吉が手に取ってみると、それは漆(うるし)に金銀で模様をほどこした、なんとも立派な杯だった。与茂吉は、杯がどこから流れて来たのか不思議に思い、川の上流に向かって歩いて行く。

しばらく歩くと、そこには与茂吉が見たこともないような立派な御殿が建っていた。
杯はここから流れて来たにちがいないと与茂吉は思った。
すると、屋敷の中から「はい、そうです。よく届けて下さいました。」と娘の声がして、与茂吉は美しい娘に屋敷の中に招かれた。

娘は与茂吉に言う。「与茂吉さま、私のお婿さんになって下さいまし。そして、ここで末永く幸せに暮らしましょう。」

気が付くと、与茂吉は娘に抱えられて屋敷の中を飛んでいた。屋敷の中には、春の間、夏の間、秋の間、冬の間があり、四季折々の自然の美しさが味わえるのだった。
与茂吉は夢のような生活をこの屋敷で送った。そうして、瞬く間に3年の月日がたった。

ある日、与茂吉が娘の膝枕で寝ていると、娘は涙を流していた。与茂吉がその訳を聞くと娘は言う。「与茂吉さん、お別れです。」
与茂吉は慌てて娘に理由を問いただす。
すると娘は、「生きている者にはそれぞれ寿命があります。楽しい3年間でした。」と言い残して消えてしまった。

与茂吉が呆然としていると、「与茂吉、与茂吉、そんな所で座り込んで何しとるだ?」と太一の呼ぶ声がする。与茂吉は水を汲みに行った沢のふちに座っていたのだ。
「オラの嫁さまが、オラの嫁さまが消えてしもうた。」
「おい、何寝ぼけたこと言っとるんじゃ?しっかりせい!!」と言って太一は与茂吉の肩をゆする。そこで与茂吉は、太一に今までの一部始終を話して聞かせた。
ところが、太一が言うには3年どころか、与茂吉が沢に水を汲みに行ってからまだ一時(いっとき)しか経っていないというのだ。

太一が与茂吉を仕事場に連れて帰ろうとした時、一匹のぶよが蜘蛛の巣にかかっているのが目に留まった。与茂吉がそのぶよを見ると、なんと、ぶよは与茂吉が一緒に暮らしたあの娘の姿に見えたのだった。
「オラの嫁さまはぶよじゃった!!」

ぶよに魅せられて、一時の間にぶよの3年を生きたという、なんとも不思議な話だった。

(投稿者: やっさん 投稿日時 2011-8-20 9:18 )


ナレーション常田富士男
出典佐々木徳夫(未来社刊)より
出典詳細むがす、むがす、あっとごぬ(日本の昔話13),佐々木徳夫,未来社,1969年06月30日,原題「ブヨのえっとじ」,採録地「仙台市宮城野」,話者「佐藤貞枝」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価7.5000 7.50 (投票数 4) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/8/20 14:50 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 30  件):   <前  1 ..  15  16  17  18  19  20  21  .. 30  次>  
コメント一覧
1件表示 (全1件)
ゲスト  投稿日時 2012/6/2 13:34
虫の命は儚いもんだっちゃね・・・。
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

52 人のユーザが現在オンラインです。 (45 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)