トップページ >  お話データベース >  中部地方 >  北陸地方 >  富山県 >  力じまん与左衛門
No.1110
ちからじまんよざえもん
力じまん与左衛門

放送回:0700-A  放送日:1989年05月27日(平成01年05月27日)
演出:三輪孝輝  文芸:沖島勲  美術:三輪孝輝  作画:三輪孝輝
富山県 ) 6808hit
あらすじ

むかしむかし、山深いある在所に何人もの木挽きがおった。木挽きは、大きな木を切り倒し鋸で切って家を建てる材木にする仕事で、大変力がいった。

その中に、「たかごし」の与左衛門というめっぽう力の強い男がおった。この与左衛門、力比べでは百貫もの大石を持ち上げて一町も走ったり、炭俵を三十俵も担いで二町も歩いたり、さらには、草相撲で都の関取のまわしを掴んで、あっという間に放り投げてしもうたという大変な力もちじゃった。

じゃから、与左衛門は「おらみたいな強い者、どこにもおらん。天狗にだって負けんわい。」と言って、威張り腐って歩いておったそうじゃ。

そんなある日の夕暮れのこと、与左衛門は仕事道具を担いで久しぶりに家に帰ろうと歩いておった。与左衛門が村の宮様の大杉の前を通りかかった時、突然、大杉の影から大天狗が姿を現し、与左衛門の行く手を遮った。そうして、与左衛門はその天狗と相撲を取ることになった。

ところが、与左衛門が地面に足がめり込むほど力一杯押しても、天狗は一歩も下がるどころか、まるで地面に生えている大木のように動かんかった。とうとう、与左衛門は力を出しつくしてしもうて、気を失ってしもうたそうじゃ。

しばらくして与左衛門が気が付くと、もう天狗はどこにもおらんかった。与左衛門はやっとの思いで家に辿りついたが、その手には杉の木の皮がしっかりと握りしめられておった。

その話を聞いた与左衛門の爺様は、次の日、村の衆と一緒に宮様の所に行ってみた。すると、与左衛門の仕事道具が置いてあって、大杉の根の下に足跡の穴が二つ開いておった。それに大杉の皮が引きちぎられておったそうじゃ。

こんなことがあってから、与左衛門は力自慢をせんようになったそうじゃ。そうして、村の衆は「大杉の精が天狗に化けて与左衛門を懲らしめたのじゃ。あまり力自慢ばかりすると与左衛門のように天狗様に懲らしめられるぞ。」と言うて、戒めにしたということじゃ。

(投稿者:ニャコディ 投稿日時 2014/5/18 15:44) 


ナレーション市原悦子
出典富山のむかし話(日本標準刊)より
出典詳細富山のむかし話(各県のむかし話),富山県児童文学研究会,日本標準,1978年09月01日,原題「天狗にこらしめられた与左衛門」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価6.5000 6.50 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2014/5/19 4:29 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 27  件):   <前  1 ..  15  16  17  18  19  20  21  .. 27  次>  
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

57 人のユーザが現在オンラインです。 (42 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)