トップページ >  お話データベース >  中部地方 >  北陸地方 >  富山県 >  茶わんころがし
No.1087
ちゃわんころがし
茶わんころがし

放送回:0685-A  放送日:1989年02月04日(平成01年02月04日)
演出:しもゆきこ  文芸:沖島勲  美術:しもゆきこ  作画:大西治子
要調査 / 富山県 ) 11191hit
あらすじ

あるところに怠け者の嫁がいた。

ものすごいぐうたらな嫁で、家事は一切していなかった。飯も作らないので、いつも近くの実家から飯をもらっていた。

けれど、茶碗に入れてもらってきたはずの飯が、いつもいつの間にか無くなってしまう。実は飯を盗み食いしてたのは、真っ黒で得体の知れない形の化け物の仕業だった。

(引用/まんが日本昔ばなし大辞典)


ナレーション未見のため不明
出典クレジット不明
出典詳細越中の民話(石崎直義,未来社)かもしれない
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価8.5000 8.50 (投票数 4) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/2/11 22:30 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 27  件):   <前  1 ..  14  15  16  17  18  19  20  .. 27  次>  
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

24 人のユーザが現在オンラインです。 (19 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)