トップページ >  お話データベース >  中部地方 >  北陸地方 >  福井県 >  たいことキツネ
No.1078
たいこときつね
たいことキツネ

放送回:0681-A  放送日:1988年12月24日(昭和63年12月24日)
演出:若林忠生  文芸:沖島勲  美術:西村邦子  作画:若林忠生
福井県 ) 5692hit
あらすじ

昔、敦賀(つるが)の橘(たちばな)の森に、お稲荷さんの社があって、そこに白ギツネが住んでいました。

お社の近くには、きれいな水が湧き出る池がありました。白ギツネは、不思議な神通力で水柱を作り、そこに自分の姿を映してはウットリしていました。

ある日の事、ふとやってきたお坊さんが、村人たちから寄付を集めてまわりました。そして、社の近くに小さなお寺を建てて、その寺の和尚となりました。和尚さんは、村人のために手作りで太鼓を作り、朝晩に時刻を告げるため太鼓をたたくようになりました。

ある晩の事、見慣れない女の人が和尚さんの枕元に現れました。女の人は、「私は社の白ギツネです。最近3匹の子狐を産んだのですが、太鼓の音を怖がるので子供が育つまでの間、太鼓をたたかないでくれませんか?」と訴えました。

翌日から、和尚さんは太鼓をたたかなくなりました。村人たちが和尚さんを心配して集まってきましたが、和尚さんはたたかない理由を誰にも話しませんでした。

その年の暮れ、寺の近くで山火事が起こりました。寺にも火の手が迫ってきましたが、なす術もありませんでした。すると、3匹の子狐を連れた白ギツネが現れて、池の近くで呪文を唱え始めました。

みるみるうちに池から大きな水柱が上がり、山火事めがけて降り注ぎました。こうして、キツネ親子のおかげでお寺もお社も焼けずに済みました。

感謝した村人たちは、キツネの社にお供えするようになりました。やがて半年もすると、子ぎつねたちも成長し、和尚さんも安心して太鼓をたたくようになりました。

(紅子 2014/4/27 22:29)


参考URL(1)
http://akeirotorii.web.fc2.com/main/rgd_kitsune.htm
ナレーション市原悦子
出典福井のむかし話(日本標準刊)より
出典詳細福井のむかし話(各県のむかし話),福井のむかし話研究会,日本標準,1977年12月10日,原題「たいことキツネ」,再話「山田敏文」
場所について浄蓮寺(福井県敦賀市元町17-5)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:浄蓮寺(福井県敦賀市元町17-5)
追加情報
このお話の評価8.0000 8.00 (投票数 3) ⇒投票する
※掲載情報は 2014/4/27 22:29 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 26  件):   <前  1 ..  16  17  18  19  20  21  22  .. 26  次>  
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

38 人のユーザが現在オンラインです。 (27 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)