トップページ >  お話データベース >  ある所 >  カエルとネズミ
No.1035
かえるとねずみ
カエルとネズミ

放送回:0653-A  放送日:1988年06月11日(昭和63年06月11日)
演出:辻伸一  文芸:沖島勲  美術:田中静恵  作画:辻伸一
ある所 ) 6428hit
あらすじ

ある池に横着者のカエルが住んでいた。

このカエル、ある時楽をしてあちこち見物して歩きたいものだと思いつき、通りすがったネズミに「俺はお前の親父の友達だ」と嘘をついて言葉巧みにネズミを騙し、葉っぱのそりをネズミに曳かせてあちこち見物して廻った。

ところが、散々楽しんだ後カエルが「御馳走するから俺の家まで来るか」と口から出まかせを言ったのをネズミが本気にしてしまってさぁ大変。慌てて「俺の家は水の中だがそれでも平気か」と慌てるカエルにネズミは「俺の足に紐を結んでカエルさんの足に結んで下さい、そうすれば水の中でも行けますから」と言う。機嫌を損ねたカエルはネズミの足に紐を結びつけていきなり水の中に潜り、ネズミの息が切れるまで知らんぷりを決め込んだ。

案の定水の中で息がつまり、慌てて水面に顔を出したネズミを上空から大きな鷹が襲い、水中のカエルもろともさらってしまった。ネズミは必死に紐を噛み切ってなんとか木の上に降りる事が出来たが、カエルは空中から鷹に落とされて岩に体を打ちつけてしまい、二度と歩けない体になってしまったそうな。

(投稿者:熊猫堂 投稿日時 2014/6/28 20:42)


ナレーション常田富士男
出典クレジット不明
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価10.0000 10.00 (投票数 1) ⇒投票する
※掲載情報は 2014/6/29 7:51 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 68  件):   <前  1 ..  44  45  46  47  48  49  50  .. 68  次>  
コメント一覧
2件表示 (全2件)
松岡尚  投稿日時 2016/9/30 6:11
カエルとネズミの出典表記には愛知のむかし話(日本標準)が記されています。
熊猫堂  投稿日時 2014/6/28 20:42 | 最終変更
辻伸一さんの存在を知るきっかけになったのが、この昔話でした。カエルの横着ぶり(そしてそれを演じた市原さんの演技)が物凄く印象深い一編です。
投稿ツリー
2件表示 (全2件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

58 人のユーザが現在オンラインです。 (43 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)