情報の掲載されているページはこちらです。(本文に戻る)byまんが日本昔ばなし〜データベース〜[印刷用画面]

弁天さまと飯盛山(べんてんさまといいもりやま)

放送回No.1015(0640-A)
放送日1988年03月12日(昭和63年03月12日)
クレジット演出:辻伸一 文芸:沖島勲 美術:安藤ひろみ 作画:辻伸一

あらすじ

福島の民話 第二集(未来社,1966年09月30日)に、同タイトル名のお話があり「このお話かもしれない」ということであらすじを書いてみます。

むかし、会津にある飯盛山は弁天山と言われていた。それは、山の奥に弁財天が祀られていたからであったが、あまりに奥で通いにくいことから、滝沢村では山の中腹に弁天様のお堂を立てることにした。毎日、一戸から一人、五十人が出て作業し、二ヶ月ほどで完成した。そして、ある晴れた日を選んで、お堂の広場で盛大なお祝いの宴を始めた。

そのちょうどお昼頃、どこからか牛の鳴く声がして、村人たちが見ると、一人の娘が一頭の黒牛に乗ってやってくる。手には赤飯を山盛りにしたお鉢を持って、広場へとやって来た。その娘のあまりの美しさに村人たちは見惚れた。そして「この度は、立派なお堂をありがとうございました。お礼としまして、この赤飯を御馳走いたします」と娘は言った。

村人が「どこから来た?」と聞いても「ささ、遠慮しないで」と娘は赤飯をすすめて笑うだけで答えようとしなかった。すすめられるままに村人たちが赤飯をいただくと、それは今まで食べたことがないくらいの美味さであった。そして、口々に「美味い、美味いぞ」といって食べた。その赤飯は、不思議なことに、何度よそおっても減ることはなく、ひとりでに飯が湧いてきた。

村人たちが不思議に思いながらも、腹いっぱいになるほど食べて満足すると、娘はお鉢を牛に背負わせて「お粗末様でした」と言って、どこかへ行ってしまった。村人たちは茫然と見送ったが、ぞろぞろと娘の後を追いかけ始めた。娘と黒牛は滝沢村の村はずれから南の道を通り、千メートルくらい行くとボーっと姿を消した。村人たちは誰いうとなく「あの娘は弁天様じゃったんじゃ」と言い、牛が消えた辺りに牛の墓を立てて祀り、今では「牛ヶ墓」という地名となった。また弁天山は飯を盛った形をしていることから飯盛山と呼び、今でも親しまれているとさ。

(投稿者: araya 投稿日時 2012年1月19日 2:07 )


地図:厳島神社(飯盛山の弁天様を祀る)

※このページは印刷用の画面です。情報の掲載されているページは、こちらです。(本文に戻る)