検索結果
キーワード「瓜 」で検索した結果、
お話データベース
身代わり地蔵
昔々、あるところに、歳を取った母と五作という親孝行な息子が、二人で暮らしていました。五作は貧乏でしたが信仰深く、朝夕近くのお地蔵さまに手を合わせておりました。 ある日、母が「お前のお父が生きておった頃、よくマクワウリ(甜瓜、メロン)を買ってきてくれたもんじゃ。ありゃうまかった」と言いました。 五作は、母のそんな話を聞いて、悪いことだと思っていましたが、近所の畑からマクワウリを盗んでしまったのです。何も知らない母親は、うまいうまいと言ってマクワウリを食べました。 しばらくして、母親が「もう一度だけマク...

きえた西瓜
...んだん元気がなくなっていった。 時は過ぎて夏になり、じいさんの畑には見事な西瓜がたくさん実った。じいさんは、その西瓜を旅人達に1個二文で売ることにした。じいさんの西瓜は大変美味しく、飛ぶように売れた。そのうちじいさんはだんだんと西瓜の値段を、五文・十文と上げていった。 ある日一人の老人が通りかかり、自分は銭を持っていないので、西瓜を1個恵んでほしいと言ってきた。じいさんはこれは売り物だから、ただでやることはできない、と拒否した。すると老人は西瓜を食べていた旅人から、西瓜の種を少し貰い受けた。 ...

夫婦岩
...ような夫婦でしたが、この息子だけは大変な可愛がりようでした。 ある日、嫁が山瓜を取って帰って来ました。働きもせず家で嫁の帰りを待っていた清三郎は、山瓜を一人で食べようと、息子を連れて崖の上に登りました。それに気が付いた嫁が、崖をよじ登って追いかけていくと、清三郎は崖上から山瓜を投げつけました。次々に山瓜を投げつけるうちに、清三郎は誤って息子を崖の上から投げつけて殺してしまいました。 息子の死を後悔しきれなかった夫婦は、国司(くにし)神社の前にひれ伏して教えを乞いました。神さまは「死んだ者は生き...

桃太郎
おばあさんが川から拾った桃を切ろうとしたら、桃が自然に割れて中から男の子が飛び出してきた。桃太郎と名付けられた男の子は見る間にすくすく育ったが、一言も口をきかなかった。 しかしある日突然「鬼退治に行く」と言い、きびだんごを持って鬼退治に出かけた。 道中に犬と猿と雉を家来にした桃太郎は鬼の住む鬼ヶ島に上陸し、酒盛りしていた鬼どもを奇襲攻撃し、桃太郎の怪力と石頭、家来のかみつき、ひっかき、つつき攻撃により見事に鬼を退治し、村からうばった宝をとりもどした。 (稿: 蔵人 本掲載日2012-8-14 ...

七夕さま
...で水を汲むという難問は、嫁の知恵でざるに油紙を敷いてクリアしたが、今度は畑の瓜を褒美にやるという。但し、瓜は必ず縦に切れと言うのだ。若者が言われた通り、畑の瓜を縦に切ると、何と瓜からは水があふれ出し、その水は天の川となって若者を押し流してしまった。 流される若者に向かって、嫁は七日に会いましょうと言うが、若者がこれを七月七日と聞き間違え、二人は毎年七月七日に、天の川をはさんで一日しか会えなくなってしまった。そして、これが七夕の始まりだということだ。 (投稿者: やっさん 投稿日時 2012-7...

もっと見つかりました
検索結果すべて表示

search(original)

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

42 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが お話検索 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)