風の神とこども についてのコメント&レビュー投稿
北国での話。 子ども達が村のお堂の前で遊んでいると、突然風が吹き、大きな子どもがやって来た。その子は村の子ども達に柿や栗のたくさんなっている山に連れて行ってやると言う。 ...…全文を見る

投稿ツリー
投稿者:亜 投稿日時 2012/12/4 11:21
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 .4 |
最高です。まんが日本昔ばなし の雰囲気の象徴的な作品でしょう。特に教育的とかなんとかがあるわけではなく、ただ見て、感じればよい作品なのだと思います。
投票数:33 平均点:10.00

投稿者:もみじ 投稿日時 2012/12/5 0:25
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
神様の気まぐれってやつですね…。(;´Д`)神様、そんな無責任な…。
これぞまさに神隠しです(・ω・;)

風の神の子と子どもで連想すると、宮沢賢治の「風の又三郎」がありますね。
北国の話だというし、風の神の子が遊びに来るというこんな民話が創作のなにか下敷きにでもなったのでしょうか…。
投票数:34 平均点:9.71

投稿者:みずきいろ 投稿日時 2015/3/20 18:42
私が、一番大がつくほど好きな話です。でも、本当は、「知らない人には、ついて行っては駄目。」という話ですけど、南風が、すごく可愛いキャラクターなので、子供達に「わらしっこ」と言って笑う所が癒やされます。あと、婆様や、子供達を村に送った北風も好きです。
投票数:37 平均点:10.00

投稿者:はなののののはな 投稿日時 2018/8/5 14:22
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
私も又三郎をちょっと連想しました。
投票数:32 平均点:10.00

投稿者:ゲスト 投稿日時 2019/3/18 21:09
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
北風だから、北から南にしか行けず、村に送り届けられないのかな?だから、北風が送っていったのか?面白い
投票数:33 平均点:10.00

投稿者:Perenna 投稿日時 2020/9/22 23:07
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
この昔話と同じ話は、未来社の「越後の民話・第二集」にも収録されています。
題名は同じく「風の神と子ども」(小千谷市朝日)です。
風の神の兄弟については、その親であるばあさんの言葉として次のように書かれています。
「その男は、おらどこの、よくなしの(きかんぼうの)おじ(弟)の南風で、ほんね、気まぐれの子だ。おらは、風の神の親どんだ。あんにゃ(兄)の北風てがんに(というのは)、ねら(お前たち)を送らせるすけ、あじことはねえ(しんぱいするな)」
この本の初版は昭和53年ですので、アニメよりも後になっています。
ほんとうの出典やもとになった話は、べつの本に書かれているのかもしれませんね。
投票数:31 平均点:10.00

  条件検索へ

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

21 人のユーザが現在オンラインです。 (6 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)