Re: 三年寝太郎

三年寝太郎 についてのコメント&レビュー投稿
一日中寝ていて、村人から怠け者と嫌われ、寝太郎と呼ばれている男がいた。さすがに十日にいっぺんは起きて、山の上から小便をするものの、それ以外はもう三年も寝続けていた。 あ...…全文を見る

Re: 三年寝太郎

投稿者:山田暁天 投稿日時 2018/1/1 15:51
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
好意的な昔話ですね。
同じく17歳からひきこもって3年寝ていた経験があります。
どうすれば助かるかの思索に3年なんて掛かるはずないじゃないですか。
書物の山を読んでいたって、こんなことできる筈がない。
3年だらだら寝ていると、不思議なことに、
これまでの自分だったら考えもしなかった、独創性が出てくることがあるみたいです。
多分、寝太郎は、みんなが悩んでいる問題を見た瞬間に、
俯瞰的な視点で、山の上から眺めてみたら、地理的な対処法に気づいたのでしょう。
視点を変えたに過ぎません。
当時の村人たちは、大地にへばりついて、誰も山から全体を見下ろすことをしなかっただけでしょう。
次に実践に移る勇気ですが、
社会から隔絶した暮らしをしていると、不思議と、なんでも「やってみなきゃわからんだろ」と思うようになるようです。
今じゃ私も、従業員5名を雇用する、事務所で顧客から先生と呼ばれて、
文章を書いています。
引きこもる前は、文章力がないと悩んでいたのが嘘みたいですね。
まあ、引きこもって、たまたまうまくいったお話といった感じです。
なんとも人間は不思議なものです。
内なる世界との対話は、しばしば思わぬ恩恵をもたらすというお話でしょう。
投票数:19 平均点:10.00

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

23 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)